チューリヒ美術館展 展示会レポ2

2015/02/27


 神戸市立博物館 1/31〜5/10まで開催

 

もう観に行きましたか?!

34名の巨匠と呼ばれる作家の74作品が集結!

その内…なんと8割57作品が日本初公開!

 

チューリヒ美術館展

 

神戸市立美術館

 

場所は神戸市立博物館
※旧居留地、京町筋沿いにあります!

 

今回の展示は

1人の画家にスポットを当てた巨匠コーナー

時代や流派でまとめた時代コーナーに分かれていています

 

まず最初の第1展示室は巨匠コーナーからはじまります!

入ってすぐは…

フェルディナント・ホドラーの作品が迎えてくれます

 

チューリヒ美術展

手前)フェルディナント・ホドラー《真実、第二バージョン》 1903年 208×294.5cm

ホドラーの作品は

今、兵庫県立美術館さんでも「ホドラー展」が開催されていますね!

そして…少し進むと…

今回の目玉!本展最大の作品

 

「連作」で多数の名作を残した印象派を代表する巨匠クロード・モネ

縦2m 横6mの大作!「睡蓮の池、夕暮れ」

 

睡蓮

クロード・モネ《睡蓮の池、夕暮れ》1916/22年 ©2014 Kunsthaus Zurich. All rights reserved.

 

近づくに連れてその迫力に圧倒!広い会場がとっても小さく感じますよ!

モネは多くの睡蓮の池の連作を残していますが

夕暮れを描いた作品はとってもめずらしいのだそうで

こちらの作品は日本初来日!!

そして…この描かれた睡蓮はその昔、日本から輸入して描いたそうです!

 

日本って聞いただけで…モネに親近感です。笑

こちらは…ポスターにもなっているアンリ・ルソーの作品

チューリヒ美術館展

アンリ・ルソー 《X氏の肖像 ピエール・ロティ》 1906年 ©2014 Kunsthaus Zurich. All rights reserved.

 

もちらの作品は本人を前に描いたのではなく

後に写真(だったかな…)を見ながら描かれた作品だそうです。

この肖像画のピエールさん…

実は日本に来た事があるらしいですよ〜!

 

他にも、撮影は許されませんでしたが、シャガールの初期から晩年までを

各年代を代表する6作品で観ることができます!

 

 ーーー
チューリヒ美術館展 -印象派からシュルレアリスムまで-
[会  場]神戸市立博物館
[開催期間]1/31〜5/10
[開館時間]9:30〜17:30 土曜は19:00まで ※入館は閉館の30分前まで
[休 館 日 ]月曜日 ※ただし5/4(月・祝)は開館
[観 覧 料 ]一般/当日1,500円 前売・団体1,300円
      大学・高校生/当日1,100円 前売・団体900円
      中学・小学生/当日600円 前売・団体450円

◯詳しくは博物館・公式ホームページへ
 神戸市立博物館ホームページはこちら
 チューリヒ美術館展公式サイトはこちら

 

ブランヌ神戸のフェイスブック