今月のBRANNEさん♪(2015/12/20発行号)

2015/12/22


きっかけは思いがけない3万ドルのプレゼント?!

映画『マイ・ファニー・レディ』の

複雑な人間関係と大人のおとぎ話

 

「リスにおやつのナッツをやる人がいる。

しかし、たまにはナッツにリスちゃんをあげたっていいじゃないか」

このセリフは、1946年エルンスト・ルビッチ監督の映画『小間使』の作中に出て来る台詞に使われたものだとか。このようにこの作品では、他の映画の台詞やタイトルも出てきます。

 

そこで、今月のブランヌさんの紹介とともに、それぞれの気になった映画について聞いてみました。

皆さんも作中に出てきた作品をチェックして観てみると、より深く楽しむことができるのでは?

 

 

BRANNEimg_misawaaya

隊員No.004 三佐和絢さん

作中に出てきた訳じゃないのですが、アーノルド役のオーウェン・ウィルソンは、「あ!このひとみたことある~」と思いました!それはきっと『シャンハイ・ヌーン』(2000年/米)で何回もお会いしているからでしょうね。(笑)好きな俳優さんから、映画を追いかけるの 好きでーす(^-^)

 

▶三佐和さんblog

 

BRANNEimg_mankiyoshimi

 

隊員No.001 萬木良美さん

イジーが話していた、オードリー・ヘップバーンの『ティファニーで朝食を』 (1961年/米)大好きです。(*^^*)それにしても数々の女性にアーノルドの口説き文句がみんな一緒(笑)。そして、口説かれたみんなが幸せになっていく…。ハチャメチャで楽しかったです♪

 

▶萬木さんblog

 

 

 

 

隊員No.002 相田麻未さん

イザベラがオードリーヘップバーンについて語るシーン。『マイ・フェア・レディ』(1964年/米)もしかしてこのタイトル、マイ・フェア・レディにかけてるのかな?『マイ・ファニー・レディ』では、古典的な鉢合わせシーンもあって「また?!」ってツッコミを入れながら笑わせて貰いました^ ^

 

 

さて、映画『マイ・ファニー・レディ』をみて、あなたも是非気になる映画をチェックしてみてください!

 

 

―――特集のTOPはこちらへ―――

 

 


『マイ・ファニー・レディ』

2015/12/19(土)より、シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋、京都シネマ

2016/1/2(土)より、

cinemaicon_04

にて公開

 

最高に楽しくて、とびきり笑える!
大人のためのロマンティック・コメディ

ハリウッド女優であるイザベラ“イジー”パターソン(イモージェン・プーツ)は、記者からインタビューを受けていた。かつて高級コールガールをしていたこともあっけらかんと語る天真爛漫な彼女は、“お客”として出会った演出家アーノルド(オーウェン・ウィルソン)から「君の将来のために3万ドルをプレゼントする」という奇妙な申し出を受けてから歩き始めた女優への道と、それにまつわる複雑な人間関係についても語り出した…。「ペーパー・ムーン」「ラスト・ショー」の名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督が、長編劇映画としては約13年ぶりに手がけた大人のためのロマンティック・コメディ。

 

【監督・脚本】

ピーター・ボグダノヴィッチ
【キャスト】

オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、キャスリン・ハーン、ウィル・フォーテ、リス・エヴァンス、ジェニファー・アニストン

 

2014年/アメリカ/93分

 

http://www.myfunnylady.ayapro.ne.jp/

 


★BRANBRAN.1月号★

webで見る

20151220h1

=今月の特集=

★通もビギナーも、弱い人も楽しめる♪イマドキ日本酒特集

WEBでチェック

=BRANNE調査隊レポート=

★映画『マイ・ファニー・レディ』の複雑な人間関係と大人のおとぎ話

WEBでチェック

=今月のファッション=

★冬のセール情報

WEBでチェック

 

 

 

ブランヌ神戸のフェイスブック