【スタミナ料理・レシピ】上野マナさん編♪

2015/08/11


ガツンと食べて、夏を乗り切る

女子も大好き

スタミナ料理

 

ー BRANNEさん編 ー

 

2011_BASE

(BRANBRAN.8月号7ページ)

 

いつも女子力の高いBRANNEさん達♪

みんな、どうやって暑い夏を”バテ”ずに過ごしているの?

 

という事で、BRANNEさん直伝の、夏バテ対策を教えてもらいました〜!!

 

 

★今回教えてくれたのは、

隊員No.054 上野マナさん♪

 

 

夏バテ防止の食品は、お友達直伝のしそジュースや、

食べやすいけどヘルシーな、おくらとこんにゃくの麺を使用したおうどんや、

スパイスのきいたカレー作りにはまっています。

後、野菜ジュースや、自家製お漬物です。


20150725_BRANNEimg05

▲しそジュース

 

<レシピ>お友達直伝のしそジュース

【材料】

・赤紫蘇の葉 300g

・水     2L

・砂糖    1Kg

・クエン酸  25g(薬局やスーパーに売っています。)

※砂糖は保存料の役目も果たすので極端に減らさないように注意。

甘さの調整は、飲む時に♪

 

【作り方】
①赤紫蘇は、水洗いし、茎から葉っぱだけを摘み取ります。

 

②水と砂糖を一煮立ち、赤紫蘇の葉を入れて5分ほど煮て、 粗熱が取れたらクエン酸を入れます。

 

③ざるで赤紫蘇の葉をこしたら冷まして、煮沸消毒した瓶などに入れて冷蔵庫で保存。

 

水やソーダで4~5倍に薄めて飲むので、たくさんできたら友達にお裾分け。

ヨーグルトやかき氷にかけても美味しいです!

 

20150725_BRANNEimg06

▲野菜ジュース

 

 

 

20150725_BRANNEimg07

▲カレー

 

<レシピ>スパイスのきいたカレー

 

【材料】
・用度に応じたスパイスをあらかじめまぜておく
(体がだるいからウコン、リラックスしたいからハーブなど)

・市販のルー
・ウスターソース
・お好みの具材

 

【作り方】

①溶けてもよい野菜とお肉を炒める際にスパイスも一緒にくわえます。

 

②お水をいれ沸騰したらルーをいれ、一旦冷やします。

冷めるときに味がしみ込むので味見をして物足りないとスパイスを加える。

 

③再度火にかけ、沸騰する前に味をひきしめるウスターソースをくわえます。

冷凍する事が多いので具材の野菜は別で焼いたり蒸したりし後乗せにします。

 

 

20150725_BRANNEimg08

▲おうどん

 

<レシピ>食べやすいけどヘルシーな、おくらとこんにゃくの麺を使用したおうどん

 

【材料】
・昆布だし
・生姜 少々
・にんにく 少々
・市販のヘルシー麺
(大手スーパーなら、うどん、ラーメン、蕎麦など様々なものが蒟蒻やおからを代用した商品が売っています)
・お好きな出汁
(豆乳や焼肉のタレなどがオススメ)
・お好きな具材
(アボガドとトマトが食べやすくお気にいり)

 

【作り方】
①あっさり目に昆布で出汁をとります。

 

②麺をザルにとり水切りしておきます。

 

③器に麺、昆布だしをいれなじませ、お好きな出汁やタレを加え混ぜます。

この時に生姜やにんにくを少々加えることで消化促進効果や代謝アップ効果が☆

 

④お好きな具材をくわえます。
最後に具材をのせたほうがシャキッと感が残ります。

 

 

 

お料理、野菜がたっぷりですね!

色とりどりで食が進みそう〜!

是非真似してみてはいかがでしょう?

 

しそジュースや野菜ジュースも美味しそうですね♪

 

 

ー 特集のトップに戻る ー

ブランヌ神戸のフェイスブック