『 美女と野獣 』〜BRANNEさん座談会〜(2014/10/25発行)

2014/10/25


野獣の秘密が解き明かされる!

映画『 美女 と 野獣 』を観てきました!

誰もが知っているストーリーとは
少し印象が異なる今回の映画。
ブランヌさんたちに、感想を教えてもらいました。

20141025branbran02

美しい映像、今まで知っていた物語とは違う野獣の秘密に引き込まれる

―今までのアニメーションやミュージカルで知っているストーリーとは少し印象が違ったと思いますが、この作品ならではの魅力を教えてください。

吉 – 新感覚で斬新な映画でした!映像がすごくきれいでリアル!

松 – 本当に映像が美しかったですね。

奥 – ベルがすごく、強い女性だなぁと思いました。自分の手で運命を切り開こうとする姿は、とても勇気づけられたし、私もベルみたいにたくましい女性になりたい!

堀 – 男女の愛情や裏切り、さらには家族愛や兄弟愛まで描かれていて、「正義」がわかりやすく、感じやすかったです。

松 – ダークな部分まで描かれているので、ストーリーが身近に感じられました。やっぱりとにかく映像が美しいので、いろんな方に観てもらいたいです。

「エレガントで息をのむように美しい」が絶対条件の衣装は、ブランブラン.読者必見!

―ベルのドレスは鮮やかな色で印象的だったと思いますがお気に入りは見つかりましたか?

奥 – どれも可愛かったので悩みます〜。お城に行って最初に用意されていたアイボリーのドレスもきれいだし・・・。最後に出てきたピンクのドレスもベルに似合って可愛かった

堀 – 私はブルーのドレスかな?髪を下ろしたベルによく似合ってた。

吉 – グリーンのドレスは、ティアラやアクセサリーもステキだったし、なんといっても自分の結婚式で着たドレスと同じ色なので、印象的でした

松 – そうなんですね!私は真っ赤なドレスがシーンともマッチしていて印象に残りました。こんなドレス、一度でいいから着てみたい!女子として憧れます。

編 – ガンズ監督は日本風デザインを好んだとのことで、折り紙からのインスピレーションを衣装に取り入れているとのこと。ベルの衣装にぜひ注目してください!

20141025branbran01


11月1日(土)公開ラブ・ストーリーの金字塔 待望の実写化!

OSシネマズミント神戸他 全国ロードショー

『 美女と野獣 』

(原題:LA BELLE ET LA BETE)

野獣の秘密、ベルのあやまち。
世紀のラブ・ストーリー『美女と野獣』、待望の実写映画化!

→ この特集トップページに戻る ←

ブランヌ神戸のフェイスブック