今月のBRANNEさん♪(2016/1/25発行号)

2017/02/01


爽やかで心地よい極上のエンタテインメント作品

笑って、泣いて、心温まる、

人と人との絆を紡ぐ“編みものがたり”誕生!
映画『彼らが本気で編むときは、』を観てきました!

20170125branne03

今回参加してくれたブランヌさんはこちらのお二人♪

20170125branne04

(写真左)Branne調査隊No.030 原 侑紀奈さん

<感想>

終わった時に、心にジーンと来ました。家族ってなんだろう?って考えさせられました。トモには本当の母親がいるけれど、温もりや団らんを感じることができず寂しさを感じていると思いました。そんな時にリンコさんに出会って実の母親より母親って言い方は変ですが、本当の親子に見えました。
トランスジェンダーが話の中で取り上げられていて、最初私には難しいテーマで理解出来るかなと不安はありました。ですが、スッと話が入ってきました。生田斗真さんも好きな俳優さんの一人なのですが、違和感なく見れました。むしろとても素敵な女性で私も見習いたいと思ってしまいました(笑)立ち姿とか、かわいすぎです!とても素敵な作品なので、家族や友達、大事な人と一緒に観てほしいです♪

 

(写真右)Branne調査隊No.063 島本 ともよさん

<感想>

トランスジェンダーであるリンコさんは雰囲気や仕草のひとつひとつに心の美しさが溢れ出ていて、お手本にしたいくらい美しい女性だと思いました。そんなリンコさんが自分の生まれ持った身体の性と心の性の違いに苦悩する姿を見て凄く切ない気持ちになりました。そしてネグレクトを受けているトモちゃんとの暮らしの中で、本当の母のように愛おしそうにトモちゃんを見つめるリンコさんは母性愛で満ちていました。こんなにも母性愛を持ったリンコさんが子どもを持てない切なさや悲しみは計り知れないと思います。それでも前向きさを忘れないリンコさんと理解のある恋人マキオさんのカップルは本当に素敵です。人に打ち明けにくい悩みを抱えながらも、やるせない気持ちや葛藤に負けず編み物を通して懸命に生きるリンコさんを見て勇気をもらいました!!!


2/25(土)公開★

ƒvƒŠƒ“ƒg

彼編む_WEB用メイン

(C) 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

cinemaicon_05 cinemaicon_07 cinemaicon_02 cinemaicon_13 cinemaicon_16

【脚本・監督】荻上直子 (『かもめ食堂』、『めがね』)

【出演】生田斗真、桐谷健太、柿原りんか、ミムラ

 

【ストーリー】

『かもめ食堂』『めがね』荻上直子監督、5年ぶりの最新作。爽やかで心地よい極上のエンタテインメントの誕生!
優しさに満ちたトランスジェンダーの女リンコ(生田斗真)と彼女の心の美しさに惹かれ、すべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷健太)。そんなカップルの前 に現れた、愛を知らない孤独な少女トモ(柿原りんか)。本当の家族ではないけれど、3人で過ごす特別な日々は、幸せに満ちた素晴らしい時間だった…。桜の 季節に出会った3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日。

 

http://kareamu.com/(公式サイト)

2017年/日本/127分/スールキートス


★BRANBRAN.2月号★

webで見る

2011_BASE

=今月の特集=

「注目のスイーツ & 和菓子

神戸で見つけたおいしいお店」特集

WEBでチェック

 

=BRANNE調査隊レポート=

「笑って、泣いて、心温まる、人と人との絆を紡ぐ“編みものがたり”誕生!

映画『彼らが本気で編むときは、』を観てきました!」

WEBでチェック

 

=今月のファッション=

「大人かわいいトレンドファッションをプチプラで♡

KOBE LETTUCE −神戸レタス−」

WEBでチェック

 

icon_facebook_branbran icon_twitter_branbran icon_ameba_branbran icon_insta_branbran

 

ブランヌ神戸のフェイスブック