クリニック選びに 失敗しないコツ! ホワイトニング の正しい知識vol.3

2018/04/25


クリニック選びに 失敗しないコツ!

ホワイトニング の正しい知識vol.3

 

前回に引き続き、今月も辻さんにいろいろホワイトニングの正しい知識を教えてもらっちゃいましょう!今回は根本的なホワイトニングの知識としてちゃんと白くなるにはどうすれば良いのか、また白くなった歯はどれだけ保つのかなど色々聞いてきました!今回は前回と同時期に取ったアンケートで読者様から2番目に多かったご質問です。
前回はホワイトニングを受ける価格について教えてもらいました。

 

前回の記事はこちら

 

どうすれば早く白くなりますか?
また、白さを保つにはどうすれば良いですか?

 

編集部(以下・編)
「前回に引き続き全国のクリニックへ講師として指導している辻さんにお話を伺いたいと思います!」

 

ホワイトニングサロン
Beaute 代表
ホワイトニング講師
辻 さん(以下・辻)

「宜しくお願い致します。今回はホワイトニングの効果に関してですね。」

 

編「そうなんです!ごく稀ですがホワイトニングしても効果が無かったなんて声も聞くので…」

辻「ホワイトニングで効果を実感するには、患者様ご自身も期間と回数をある程度守って頂く必要があります。」

「同じ回数を受ければ期間は関係ないんじゃないのですか?」

辻「何もお食事されず、歯が常に守られていればそうかもしれませんが、ホワイトニングも途中で数週間〜何ヶ月も間をあけすぎると、色素沈着してくるので効果を実感されにくくなります。」

編「治療途中で面倒になって必要なタイミングの治療を怠れば白くはならないですよね。納得です。でもそれでは白くなってもケアを続けないと元に戻るという事ですか?」

辻「ホワイトニングの通院途中でやめてしまうと、特に戻りやすい傾向があります。しかし一度ブリーチシェード(陶器のような白さ)になれば、元の黄色さまで戻ることはまずありません。ただもちろん、放置すれば歯は色素沈着を多少は起こしますので定期的なケアは必要です。」

編「なるほど!では逆にものすごく詰めて通った場合はどうなんですか?」

辻「いいところに気づかれましたね!実は一気に進めた方がやはり早い効果が見込めます。それと同じ発想でクリニックでのオフィスホワイトニングと同時に自宅でのホワイトニングも行うとより短期間で実感される方が多くなります。」

編「両方やるコースがあるのはそういうことなんですね!」

辻「はい。歯の質にはよりますが、一般的に1回行って次は思い出した頃に行うなど、間隔を空けてダラダラ行うよりも、ギュッと一時期にホームホワイトニングも併用して一気に白くする方が断然効果的です。」

編「本当に勉強になります!」

辻「あと最近は、歯を白くする歯磨き粉が通販や薬局などでよく売られていると思いますが…」

編「それらには歯を白くする成分は実は入ってないっていう事ですね!」

辻「(笑)そうですね。日本では法律上、本当に歯を白くする効果のある成分は歯磨き粉に配合できないのです。ですが私どものクリニックでは海外から直接輸入して有効成分が入っているものもご案内しています。」

編「輸入品ですか。それだけでは白くできないのですか?」

辻「歯磨き粉だけでは真っ白にはなりません。ホワイトニング治療中・後の予防ケアとして使う位置付けですね。使用法・タイミングなど、ホワイトニングに詳しいクリニックで相談するのが一番です。」

 

◆今回のポイント◆

①ホワイトニングに詳しいクリニックに相談する。
②ただ決められた回数受ければいいのではなく、決まった期間で治療する。
③自宅のケアで更に効果的。
④陶器のような白さを手に入れれば、元の黄色さにはなかなか戻らないため、あとは日々の色素沈着などを予防する事で長く白い歯を保つことが出来る。

編「次回もぜひお願い致します!」

 

ブランヌ神戸のフェイスブック