クリニック選びに 失敗しないコツ! ホワイトニング の正しい知識

2018/02/26


クリニック選びに失敗しないコツ!
ホワイトニングの正しい知識vol.1

 

編集部より

「全国のデンタルクリニックに講師として飛び回るホワイトニングサロンBeaute代表 歯科衛生士辻さんに色々教えてもらっちゃいます!!」

歯を白くするのは常識に!人気のホワイトニング。でもなんで流行っていないクリニックがあるの?違いは?

 

編集部(以下・編)
「神戸元町と大阪でかなり人気のホワイトニングクリニック様と美容ディーラー様から伺いまして、読者様の良いクリニックの見分け方の参考にしてもらうのであれば、全国のクリニックへ講師として指導している辻さんにお話を伺いたいと無理をお願いしました!」

 

ホワイトニングサロンBeaute 代表
ホワイトニング講師
辻 さん(以下・辻)

「読者の皆様のご参考になれば嬉しいですね。宜しくお願いします。」

 

編「早速ですが、最近ホワイトニングの話をあまり聞かなくなりました。なにか原因はあるのでしょうか?」

 

辻「巷で流行っていた時期に色々なクリニックやサロンが進出し、サービスの質もまちまちな為、多くの方が途中で挫折してしまった事が1つの原因と私たちは捉えています。」

 

編「挫折?」

 

辻「昔ながらのホワイトニングは歯がしみる・痛みが強いという方もいますし、クリニック以外のホワイトニングサロンでは効果を感じなかったという方も多くご相談に来られています。」

 

編「えっ痛いんですか?歯に悪そうな印象がありますね…。」

 

辻「そういう印象を抱かれる方もいるかと思いますし、実際にネット上でそのような噂を聞くサロンもありました。」

 

編「それは違うと?」

 

辻「適切な施術を行えるクリニックでは歯を悪くするということはほぼありません。それに私どものサロンや私が指導に伺っているクリニックでは知覚過敏を防ぐ材料や、歯をコーティングし強くする材料を使用しております。そういった努力をしているクリニックなら痛みも軽減され、更に安全性は高まります。」

 

編「つまり最近ホワイトニングする人は下調べをして、こちらのクリニックのような痛みや安全性に配慮しているところに来ているのでしょうか?」

 

辻「そうですね。皆さんうまく情報を集めてご自分にとって有益なクリニック探しが上手になられていると感じます。」

 

編「なるほど…ところでクリニック以外のホワイトニングってなんですか?」

 

辻「セルフホワイトニングのお店で、来店者様がご自分でホワイトニングするお店です。そこで使用する薬剤は、医薬品ではない為、元の歯の色に戻る程度までの効果となります。日本人の歯は純白ではなく、やや黄味がかった方が多く効果を実感されにくいのではないでしょうか。クリニックの医薬品のみが、元の歯の色以上に白くすることができます。」

 

編「それは大きな違いですね。クリニック同士の場合、違いを見分けるコツはありますか?」

 

辻「クリニックは説明がわかりやすく、接客も丁寧なところを選ぶと良いと思いますホワイトニングは1週間に1症例しか予約がないところが殆どですが年間数千症例しているクリニックとは大きく経験に差がでます。患者様ごとに違う歯を何をどの期間、どうすればどうなるのか把握しているクリニックではきちんとご質問にお応えできる為、自然と説明や接客に差が出ます。

 

編「カウンセリングの対応は良い判断材料ですね。次回は価格や施術内容等の違いを教えてもらいます♪」

————————————————————————–

辻さんが監修する神戸のホワイトニングサロン

ブランヌ神戸のフェイスブック