女性をテーマにした約200点N.Y.メトロポリタン美術館が誇るエジプト・コレクション初来日!

2014/10/25


“旧横浜正金銀行(現三菱東京UFJ銀行)”を増改築して、1982年に開館。昭和初期に建てられた建物もフォトジェニックで美術的な価値がある。企画展や常設展では神戸に焦点をあてながら、日本と外国との文化交流の様子を展示。特別展として内外から文化財を集めた大規模な展覧会も実施。旧居留地の真ん中にあり、鑑賞後、ショッピングやお茶も色々楽しめるのが◎

 

26.8.99_二つのガゼルの頭がついた冠

二つのガゼルの頭がついた冠 Purchase, George F. Baker and Mr. and Mrs. V. Everit Macy Gifts, 1920 (26.8.99)

 

王家の女性たちが愛用したアクセやメイク道具のコーナーは必見★現代にも通じるデザイン性に溢れていて、当時の人々の美意識の高さに感動間違いなし

 

N.Y.メトロポリタン美術館

左)王妃のうね形模様つきイヤリングFletcher Fund, 1919 (26.8.92a, b) 右)アクエンアテン王とネフェルティティ王妃のゴブレットGift of Edward S. Harkness, 1922 (22.9.1)

 

古代エジプト史上、最も重要な女性ファラオとして知られる女王ハトシェプストの葬祭殿の発掘品や同時代に生きた他の王妃・王女の美品を展示し、当時の王族女性たちのきらびやかな世界を紹介

 

エジプト

右)セクメト女神像 Gift of Henry Walters, 1915 (15.8.1) 中)王家の女性の頭をかたどった蓋つきのカノポス容器 容器: Gift of Theodore M. Davis,1907 (07.226.1)蓋: Theodore M. Davis Collection, Bequest of Theodore M. avis, 1915 (30.8.54) 右)アメン・ラー神の歌い手ヘネトタウィの人型内棺とミイラ板Rogers Fund, 1925 (25.3.183a, b; 25.3.184)

 

 

メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神
31.3.153_ハトシェプスト女王像の頭部-1

ハトシェプスト女王像の頭部 Rogers Fund, 1931 (31.3.153)

N.Y.のメトロポリタン美術館が誇るエジプト・コレクションを紹介。「女王と女神」をテーマに厳選された約200点は全て日本初公開。注目はハトシェプスト女王と王妃ネフェルティティ。権力を握り美しく力強く生きた女性、個性豊かな女神たちに出会える魅惑の展覧会。

[期間]開催中~2015年1/12(月・祝)
[料金]一般¥1,500 [時間]9:30~17:30
※土曜は19:00まで(最終入場は閉館の30分前)

 

神戸市立博物館 ーこうべしりつ はくぶつかんー

☎078-391-0035

神戸市中央区京町24
営】10:00~17:00(入館は閉館の各30分前まで)※特別展開催時は変更の場合あり
休】月休館(祝祭日は開館、翌日休館)
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/main.html

ブランヌ神戸のフェイスブック