不思議!どうなっているの!トリックに視覚的イリュージョン「だまし絵」展第2弾!

2014/10/25


安藤忠雄氏が設計したモダンなデザインが印象的。ムーミンの原画の展示で話題となった13年の「フィンランドのくらしとデザイン ムーミンが住む森の生活」や現在、好評開催中の「だまし絵Ⅱ」等、国内外の作品を展示する特別展が注目を集める。横尾忠則現代美術館との観覧料金の相互割 引もあるので上手に利用して。

クリストフェル・ピアーソン 《鷹狩道具のある壁龕》 1660 年代(推定) ワシントン・ナショナル・ギャラリー CourTesy National Gallery of Art, Washington

クリストフェル・ピアーソン 《鷹狩道具のある壁龕》 1660 年代(推定) ワシントン・ナショナル・ギャラリー CourTesy National Gallery of Art, Washington

 

「古典的傑作を集めたプロローグ」
壁のくぼみの中に置かれた事物の影に至るまで克明に描写。実物大で描かれているのでよりリアル感が!

 

パトリック・ヒューズ《広重&ヒューズ》2013年

パトリック・ヒューズ 《広重とヒューズ》 2013年 作家蔵 © Patrick Hughes, Courtesy Flowers Gallery, London / New York

 

▲リバースペクティブ(反転と遠近法の造語)のシリーズ。視点を動かすと蛇腹のパネルが動き出す(!?)驚きの仕掛け!

▼おもちゃの兵隊を実際に並べて作り上げた自画像のインスタレーションを写真に撮った《自画像》

ヴィック・ムニーズ《自画像、私は悲しすぎてあなたと話すことができない-バス・ヤン・アデルによる》2003年

ヴィック・ムニーズ 《自画像 悲しすぎて話せない バス・ヤン・アデルによる》 2003年 タグチ・アート・コレクション © vikmuniz

 

阪神・淡路大震災20年展 だまし絵Ⅱ

ジュゼッペ・アルチンボルド《司書》1566年頃

ジュゼッペ・アルチンボルド 《司書》1566年頃 スコークロステル城(スウェーデン) Photo: Samuel Uhrdin

09年、大好評だった「だまし絵」展の第2弾。巨匠アルチンボルド、ダリらの名品に加え、今回は20世紀以降の現代の多様なトリック的表現も紹介。

 

[期間]開催中〜12/28(日)
[料金]一般¥1,400
[時間]10:00~18:00※金・土は20:00まで(最終入場は閉館の30分前)

 

 

兵庫県立美術館ーひょうごけんりつびじゅつかんー

☎078-262-0901

神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
営】10:00~18:00(最終入場17:30)※特別展会期中の金・土曜は夜間開館20:00まで
休】月休館(月曜が祝日場合は翌日)
http://www.artm.pref.hyogo.jp/

ブランヌ神戸のフェイスブック