【CINEMA】2016年6月4週目<6/20~6/26>公開映画

2016/06/20


6月後半に入り、梅雨明けももうすぐですね。今年の夏は猛暑になるらしいですが、そろそろ夏の予定を考えてる方も多いんじゃないでしょうか?

旅行、海水浴、キャンプ、バーベキュー・・・夏ならではのイベントはたくさんありますが、クーラーの効いた涼しい映画館でゆっくり映画を観るのも夏の醍醐味ではないでしょうか?

それでは今週のラインナップです!!


【6/24(金)公開】ダーク・プレイス』

ダークプレイ9main1

(C)2014 DAMSELFISH HOLDINGS,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

cinemaicon_07

【監督】

ジル・パケ=ブレネール

【原作】

「冥闇」ギリアン・フリン 中谷友紀子 訳 (小学館文庫)

 

【キャスト】

シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、クロエ・グレース・モレッツ ほか

 

【ストーリー】

一家惨殺事件で生き残った少女。殺人犯として逮捕された兄。28年後、彼女のもとに“殺人クラブ”から招待状が届く。そのとき、真実が狂い始める。一瞬先も読めないサスペンスで、世界中を騒然とさせた『ゴーン・ガール』。その原作者、ギリアン・フリンによる、衝撃の小説が新たに映画化!

 

ファントム・フィルム/2015年/イギリス・フランス・アメリカ/113分

 

http://dark-movie.jp/

 


【6月24日(土)~7月1日(金)】ブラックスキャンダル』

★一般1,500円/シニア・学生・女性1,000円

bm-fp-0003_large

 (C)2015 Warner Bros. Entertainment Inc.

cinemaicon_09

【監督】

スコット・クーパー

 

【キャスト】

ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ、ロリー・コクレイン、ジェシー・プレモンス

 

【ストーリー】

1970年代、サウス・ボストン。FBI捜査官コナリーはアイルランド系マフィアのボスであるホワイティに、共通の敵であるイタリア系マフィアを協力して排除しようと持ちかける。しかし歯止めのきかなくなったホワイティは法の網をかいくぐって絶大な権力を握るようになり、ボストンで最も危険なギャングへとのし上がっていく!

 

https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass/

 

cinema_12

staff_img
薄毛オールバックに革ジャン姿のジョニー・デップ。存在感が圧倒的で、もうマフィアにしか見えませんでした!他の豪華キャストの緊迫感ある演技もすごくてほんとにハラハラします。ギャングとFBIと政治家のドロドロ・・・。これが実話なのがまた凄い。。。泥沼にはまっていくFBIのジョエル・エドガートンは2本立同時上映の『ディスクローザー』主演ですのでぜひ見比べてみてはいかがでしょう!お待ちしております!(Cinema KOBEスタッフ岸本さんより)

 


【6/25(土)公開】二重生活』

二重生活main

(C)2015「二重生活」フィルムパートナーズ

cinemaicon_07 cinemaicon_13

【監督・脚本】

岸 善幸

 

【原作】

「二重生活」 小池真理子(KADOKAWA/角川文庫刊)、

 

【キャスト】

門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー 他 

 

【ストーリー】

珠は大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、恋人卓也と暮らす日々は穏やかなものだった。ところがそんな日々は、担当教授から修士論文の題材に〝哲学的尾行”の実践を持ちかけられたことで一変する。半信半疑で始めた隣人石坂への尾行だったが、やがて珠は、他人の秘密を覗き見る興奮から抜け出せなくなっていく―。尾行する女、される男、そしてふたりを見つめる新たな視線…。珠を待ち受けるものとはー?

 

スターサンズ/2015/日本/126分

 

http://nijuuseikatsu.jp/

 

_ƒgƒbƒvƒy[ƒWimg

BRANBRAN.6月号のBRANNE調査隊レポートで紹介しましたよ♪

コチラ

 

cinema_12

saboten_img

主人公・珠の尾行の危なっかしさにハラハラしました(笑)でも素人が“哲学的尾行”を実践してみるわけだから、うまくできなくて当然ですよね…。珠ちゃんは尾行が進むにつれ、どんどんのめり込んでいってしまうのですが、観てるこちらも映画の展開にのめり込んでいってしまいますよ!見終わった後、尾行してみたくなっちゃうよな気分になるかも…!?(編集部員さぼてん。)

 

eigyom_img 見る人によってはあまりにも思春期な主人公。そんな妙な感想を抱くほど、危うい雰囲気が漂う映画は久しぶりかもしれないと思いました。主人公の判断力に焦燥感や苛立ちを覚えるというのは一種の、のめり込みの証左だと思えば、これは原作者や監督の手柄かもしれません。

監督自身のインタビューをしたわけではないので、本当の狙いまではわかりませんが「人間の弱さ」というものが閉塞感すら感じるとても小さな世界観で描かれ、主人公は自分なりに折り合いをつけるために「答え」を見つけます。遅れてきた思春期のような…たとえば憧れの悪い先輩に唆されて「そこに大人になる道」があるかのようにちょっと背伸びをして、他人や大事な人を傷つけて「自分は可哀想」だと勝手に傷つく感覚。導き出した主人公の答えは実は「自分の行動や人生への言い訳」を哲学的にしているだけで、本当は意味などないのかもしれません。しかし最後は主人公が自分なりに折り合いをつけた事で意外なほど爽やかな終わりの印象を得られるのが何とも不思議でした。(営業M)

 


【6/25(土)公開】ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』

20160625branne4

 (C)GNO Productions Limited

【監督】

ジュリアン・ジャロルド

 

【キャスト】

サラ・ガドン、ベル・パウリー、エミリー・ワトソン、ルパート・エヴェレット、ジャック・レイナー

 

【ストーリー】

若き日のエリザベス女王、生涯初めての自由時間。

 

1945年5月8日、イギリス。6年間続いた戦争が正式に終わり、国を挙げてヨーロッパ戦勝記念日を祝う夜、エリザベス王女(サラ・ガドン)と妹のマーガレット(ベル・パウリー)は父である国王ジョージ6世(ルパート・エヴェレット)の許しを得て、生まれて初めてお忍びでバッキンガム宮殿をあとにする。付き添いが目を離した隙に、シャンパンに勢いづいてバスに飛び乗ったマーガレットを追い掛け、エリザベスは街に出る。そして、人生を変える一夜が始まる……。

 

http://gaga.ne.jp/royalnight/

 

_ƒgƒbƒvƒy[ƒWimg

BRANBRAN.7月号のBRANNE調査隊レポートで紹介しましたよ♪

コチラ

 

cinema_12

saboten_img
エリザベス王女を演じるサラ・ガドンの美しいこと…。衣装や町並みもとっても素敵で、細部までしっかり観てほしいです。ストーリーはコメディも多めで、随所で笑えます。甘い恋の行方がとっても気になるし、妹マーガレットの危なっかしさにハラハラドキドキも…。とっても可愛い映画です♡(編集部員さぼてん。)

【6/25(土)公開】TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』

TOO YOUNG TO DIE

 (C) 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

cinemaicon_01 cinemaicon_02 cinemaicon_03 cinemaicon_07 cinemaicon_13

【監督】

宮藤官九郎

 

【キャスト】

長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太

 

【ストーリー】

フツーの高校生・大助は、修学旅行中のある日不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは深紅に染まった空と炎、ドクロが転がり、人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!なんで俺だけ!?まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる赤鬼のキラーK。キラーKの“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた、大助の地獄めぐりが幕を明ける!

 

http://tooyoungtodie.jp/

 


 

 

 

************************

CINEMA TOPページ

 

icon_facebook_branbran icon_twitter_branbran icon_ameba_branbran icon_insta_branbran

 

ブランヌ神戸のフェイスブック