【CINEMA】2016年4月3週目<4/11~17>公開映画

2016/04/11


気温も上がってきて、過ごしやすい季節になってきましたね。

みなさんもうお花見はされましたか?もう散り始める時期になってきたので、まだの人はお早めに!

お花見に行けない人は、映画館でゆっくり映画もいいですね!

さて、今週のラインナップはコチラです!

 


 【4/15(金)〜26(火)公開】『アクトレス 女たちの舞台』

 109_0

©2014 CG CINÉMA – PALLAS FILM – CAB PRODUCTIONS – VORTEX SUTRA – ARTE France Cinéma – ZDF/ARTE – ORANGE STUDIO – RTS RADIO TELEVISION SUISSE – SRG SSR 

cinemaicon_10

【監督】オリヴィエ・アサイヤス

 
【キャスト】
ジュリエット・ビノシュ
クリステン・スチュアート
クロエ・グレース・モレッツ
 

【ストーリー】

多忙な毎日を送る大女優に、彼女の出世作となった20年前の舞台のリメイク版への出演オファーが届いたのだが今回の役は…。

2014年/仏・独・スイス/124分

http://actress-movie.com

cinema_12

staff_img

サブタイトルに〈舞台〉とありストーリーのキーワードにもなっていますが舞台シーンはあまり出てきません。原題がスイスの絶景が見渡せる地域の〈Sils Maria〉となっているとおりスイスの美しい景色が沢山登場します。どちらかというと会話劇に近い作品かと思います。人間なら誰しもが一度は望むであろう永遠への想い。それぞれの考え方の違いにも注目です。静かなのにオシャレといった感じでしょうか。女性の心理が細かに描かれていますので、男女で意見が分かれる意味で面白い作品かもしれません。ぜひ一度ご覧下さい。(パルシネマ支配人・小山さん)

 


 【4/15(金)〜26(火)公開】『アデライン、100年目の恋』

110_0

©2015 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC, KIMMEL DISTRIBUTION, LLC AND LIONS GATE FILMS INC. All Rights Reserved 

【監督】

リー・トランド・クリーガー
 
【キャスト】
ブレイク・ライヴリー
ミキール・ハースマン
ハリソン・フォード
エレン・バースティン
 

【ストーリー】

偶然の出来事によって年をとらなくなってしまった彼女は長い年月もの間秘密を隠し続け孤独に生きてきたが…。

2015年/アメリカ/113分

http://adaline100.jp

cinema_12

staff_img

今回の番組は永遠への憧れとその現実をテーマにした二本です。アクトレスは永遠を望む女性の物語ですが、こちらは永遠に苦悩し続ける女性のラブファンタジー。一見、永遠ほど輝かしく素晴らしいものはないと思いますが、その呪縛から逃れられない彼女の苦悩がとてもよく伝わってきます。愛する人と年を重ねられない苦しみ…、現実にはありえないかもしれませんが彼女の気持ちに共感しとても作品に入り込むことができるんじゃないかと思います。

主演の美女ブレイク・ライヴリーはまだ28歳ながらも落ち着いて役にハマった演技がとても素敵です。身長が178cm、羨ましい限りです。

またアデラインの衣装はGUCCIが提供。アクトレスの方はシャネル提供でどちらも大変素敵です。そちらもお見逃しなく。

(パルシネマ支配人・小山さん)

 


 【4/16(土)公開】『獣は月夜に夢を見る

獣は月夜に夢を見る

©2014 Alphaville Pictures Copenhagen ApS

【監督】

ヨナス・アレクサンダー・アーンビー

 
【キャスト】

ソニア・ズー、ラース・ミケルセン、ソニア・リクター、ヤーコブ・オフテブロ

 

【ストーリー】

北欧の新たな才能に世界が賞賛!
恐ろしくも美しく、儚い ノルディック・ミステリー

美しい海岸沿いの小さな村で、父と病気の母と暮らすマリー。父は母の病のことは何も教えてくれない。村の住人は車椅子の母を恐れ、マリーには懐疑的な眼差しをぶつけてくるが、彼女はそれがどういう理由から来るものなのか知らなかった―。ある日、マリーは職場で出会ったダニエルに恋をする。孤独を抱える二人は徐々に惹かれ合うが、時を同じくしてマリーは身体に奇妙な変化を感じ始める。その感覚は強まり、次第にコントロールできなくなっていく。身体の異変と母の病気について調べ始めるマリーだったが、そこには決して抗えない哀しい秘密が隠されていた…。全てが明らかになった時、愛し合う二人が下した衝撃の決断とは―。
 

2014年/デンマーク・フランス/85分

 

http://kemono-yume.com/

 


【4/16(土)〜22(金)公開】『コードネームU.N.C.L.E

★1,000円均一(※DVD上映)

コードネーム U.N.C.L.E.

(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

cinemaicon_09

【監督】

ガイ・リッチー

 

【キャスト】

ヘンリー・カビル
アーミー・ハマー
アリシア・ビカンダー
エリザベス・デビッキ
 

【ストーリー】

東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロとKGBエージェントのイリヤ・クリヤキンは核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織を制圧するために、長年の政治的対立を超えて手を組むことに。思考や方法論も真逆の二人は、組織につながる手掛かりである行方をくらました科学者の娘を守り、核兵器の大量生産を阻止すべく奔走する!
「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督が、1960年代に人気を博したイギリスのTVシリーズ
「0011 ナポレオン・ソロ」を新たに映画化したスパイアクションアドベンチャー。
 

http://wwws.warnerbros.co.jp/codename-uncle/


cinema_12

staff_img
とーってもに面白かったです!クール&キュート!なんといっても60年代の設定なのでカラフルな衣装や、車や装飾のセンスが抜群!テンポよく場面場面が進んで行き、豪快さと小粋さが混ざったアクションも見応えあり★音楽の選曲も最高でガイ・リッチーのセンスが炸裂!!!って感じです。一見の価値ありな作品ですよ!

(Cinema KOBEスタッフ岸本さんより)

 

 

 

CINEMA TOPページ

 

icon_facebook_branbran icon_twitter_branbran icon_ameba_branbran icon_insta_branbran

 

ブランヌ神戸のフェイスブック