【CINEMA】2016年3月1週目<2/29~3/6>公開映画

2016/02/29


いよいよ明日から3月!

春に向けって一気に加速して行きますね。

 

それでは、今週公開の映画をどうぞ。

 


 【2/5(土)公開】『これが私の人生設計』

20160225branne03

©2014 italian international film s.r.l

cinemaicon_05

【監督】

リッカルド・ミラーニ

 

【キャスト】
パオラ・コルッテレージ『ジョルダーニ家の人々

ラウル・ボヴァ『エイリアンVS.プレデター『トスカーナの休日』

 

【ストーリー】
誰もがうらやむキャリアを捨てて、故郷ローマへ。
超前向き建築女子の人生リノベーション計画

建築家として世界各国で華々しいキャリアを積んできたセレーナは、ふと「新たなステップ」を踏み出そうと故郷のローマに帰ってきた。しかし、イタリアの建築 業界は男性中心の社会。しかたなくレストランでウエイトレスとして働き出すと、超イケメンのオーナー、フランチェスコが何かと優しくて、ついつい彼に恋し てしまう。しかし、フランチェスコがゲイ”だと気付き、あえなく失恋。結局、2人は恋愛ではなく友情で結ばれるのだった。そんな時、公営住宅のリフォー ム建築案の公募を知ったセレーナは、男性のフリをして応募し、企画が採用されてしまう。困ったセレーナはゲイ友のフランチェスコに身代わりを頼むが…。

 

 

2014年/イタリア/103分/PG12

 

http://korewata.com/

 

この映画は、BRANBRAN.3月号の『BRANNEさん調査隊レポート』にもご紹介しています!

_ƒgƒbƒvƒy[ƒWimg

※クリックすると、特集ページにジャンプします!

 

cinema_12

saitou_img
もう笑っちゃいました!とにかく、女子は大好きだと思う、この映画!特に、フランチェスコの恋愛(?)模様が…。また、日本人として嬉しいのは、ちょいちょい日本が出てくるところ。イタリアから見たニッポンは、嬉しくもあり、面白くって。とにかく、隅々まで楽しめる映画です。テーマは重い感じがするかもしれませんが、楽しみながら考えさせられるイタリアンコメディ。是非ご覧になってください!そして、観た後感想を話し合いたい映画です!(編集部員サイトウ)

 

saboten_img

編集部員サイトウさんも書いていますが、「日本」がちょこちょこ出て来るところが本当に嬉しいです!そして何より…すっごく面白い!!内容は深いのに、明るくて楽しくて暗い気分もふっとんじゃうような映画です♪働く女性は共感できる部分も多いハズなので、是非いろんな人に観てほしいです!(編集部員さぼてん。)

 


 【2/5(土)公開】『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』

ドラエモン

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016

cinemaicon_01 cinemaicon_02 cinemaicon_03 cinemaicon_07

【監督・脚本】

八鍬新之介

 

【原作】

藤子・F・不二雄

 

【キャスト(声の出演)】
ドラえもん : 水田わさび 
のび太 : 大原めぐみ
しずか : かかずゆみ 
ジャイアン : 木村昴 
スネ夫 : 関智一

 

【ストーリー】
「決心したぞ!僕は家出する!!」
史上最大の家出!?7万年前の日本へ!!

国民的アニメ「ドラえもん」の長編映画36作目。1989年に公開され、シリーズ歴代1位の動員数420万人を記録した「映画ドラえもん のび太の日本誕生」を新たに生まれ変わらせた。家でも学校でも叱られてばかりののび太は、家出をしようと思い立つが、どこに行っても持ち主のいない土地はないことを知る。そして、ドラえもん、しずか、ジャイアン、スネ夫もそれぞれの理由で家出を決心。みんなで行くところがなく途方に暮れていた。それならばいっそのことまだ誰も住んでいない太古の日本へ行こうと思い立ち、史上最大の家出へと出発することに!7万年前の日本を舞台に大冒険が始まる!!

 

2016年/日本/104分

 

http://doraeiga.com/2016/

 


 【3/5(土)公開】『星ガ丘ワンダーランド』

星ガ丘_main

©2015「星ガ丘ワンダーランド」製作委員会

cinemaicon_03

【監督】

柳沢翔

 

【キャスト】
中村倫也

新井浩文

佐々木希

菅田将暉

市原隼人

木村佳乃

松重豊

 

【ストーリー】

その日、母は雪の中に姿を消した。赤い手袋を残したまま…。
20年前の「落としもの」を待ち続ける僕にやってきた、真実とは―!

星ガ丘駅の近くにある、今は閉園してしまった遊園地、星ガ丘ワンダーランド。駅の「落し物預かり所」で働く温人に、ある日、20年前に姿を消した母の訃報が届く。かつて笑顔と喜びにあふれていたワンダーランドで自殺をしたという。その死をきっかけに、温人は離ればなれになっていた兄、そして義理の姉弟と出会うことになる。そして彼らが出会うとき、閉ざされていた過去が明らかになっていく…。なぜ母は死んだのか―その思いの先に、想像もしなかった感動のクライマックスが待っていた。
主演の温人役には中村倫也。ほか新井浩文、佐々木希、菅田将暉ら映画界の実力派俳優と勢いのある若手俳優が顔を揃えた!

 

2015年/日本/117分

 

http://hoshigaoka-movie.com/

 


 【3/5(土)公開】『シェル・コレクター』

シェルコレクターmain1_mail

©2016 Shell Collector LLC(USA)、『シェル・コレクター』製作委員会 

cinemaicon_04

【監督】

坪田義史(『美代子阿佐ヶ谷気分』) 

 

【キャスト】

リリー・フランキー

池松壮亮

橋本愛

寺島しのぶ

 

【ストーリー】

盲目の貝類学者が起こしてしまった奇跡。

その日から変わり始める男の運命・・・。

貝の美しさと謎に魅了された盲目の貝類学者は、沖縄の離島で厭世的生活を送っていた。
ある日、世間から脅威とされていた謎の奇病を偶然にもイモガイの毒で治してしまい、奇跡的な治療を求める人々が島に押し寄せてくる。娘を治すように脅す父親や、噂をききつけやってきた疎遠だった息子。学者の静かだった生活は一変するのだか…。
沖縄・渡嘉敷島の目を見張るほど透明な海、海中の生物、官能的な貝の数々。圧倒的な自然の美しさとともに、自然が発する悲痛な叫びが映し出される。
 

2016年/日=米/89分

 

http://bitters.co.jp/shellcollector/

 


【3/5(土)公開】『サクラメント 死の楽園

sub5_large

©2013 SLOW BURN PRODUCTIONS LLC

cinemaicon_09

※3/5(土)~11(金)【レイトショー】

【監督】

タイ・ウェスト

 

【キャスト】

AJ・ボーウェン
ジョー・スワンバーグ
ケンタッカー・オードリー
エイミー・サイメッツ
 

【ストーリー】

1978年にカルト教団である人民寺院を率いたジム・ジョーンズが引き起こした集団自殺事件からインスパイアされたホラー。ある日、連絡が途絶えていた妹から奇妙な手紙を受け取ったパトリックは、過激な突撃潜入取材で知られるVICE社のサムとともに、妹が暮らす共同体に潜入取材を敢行する。「エデン教区」と名付けられたその場所では「ここで豊かな生活ができるのは『ファーザー』のおかげだ」と、パトリックの妹をはじめ、誰もが幸せそうに生活を送っていた。しかし、平和に思われた「地上の楽園」に、不可解な空気が見え隠れし始める。
 

2013年/アメリカ/100分/R15+

 

http://sacrament-death.jp/


cinema_12

staff_img
いやー、怖かったです!徐々に訪れる不穏な空気がたまらない感じでファーザーも楽園も狂ってましたね・・・!ズシンと来る作品で実際にあったことだと思うと、鳥肌ものです。とはいえ見応え充分で、気味の悪さとスリリングな展開に引き込まれました。(Cinema KOBEスタッフ岸本さんより)

 

===【CINEMA】2016年3月公開作品ラインナップへ戻る ===

===【CINEMA】TOPへ戻る ===

 

ブランヌ神戸のフェイスブック