「シネマdeリバティ!」vol.5開催!『繕い裁つ人』を上映

2016/02/23


こんにちは。

 

今回ご紹介するイベントは、NPO法人神戸まちかどシネ倶楽部さんが開催されている

「シネマdeリバティ!」vol.5<2/28(日)開催!>

vol5

のご紹介です!

 

今回はテーマを「神戸〜銀幕に映るわが街の“現在(いま)”」とし、神戸市を中心とした兵庫県下での全編ロケーション撮影敢行、2015年1月の全国公開では幅広い世代の女性層に支えられる形でスマッシュヒットを記録した『繕い裁つ人』を上映です!

 

この作品、過去のBRANNEさん調査隊レポートでもご紹介している映画です。

20150125_BRANNE_top

※クリックすると特集へジャンプします!

 

本作は“着る”ことと“生きる”ことの切っても切れない関係を、温かさの中にも厳しさと切なさを込めた眼差しで描いたヒューマンドラマ。
作品そのものの魅力もさることながら、本編中には、喫茶店「サンパウロ」(山本通2)をはじめ、大丸神戸店(明石町)、神戸メリケンパーク(波止場町)、「umieモザイク」(川崎町1)、「神戸どうぶつ王国(旧=神戸花鳥園)」(港島南町7)、「塩屋 旧グッゲンハイム邸」(垂水区)、三島監督の出身校「神戸女学院大学」(西宮市)の図書館等々、神戸市民にとっては馴染み深い名所が多数登場するのも見逃せない点となっています。

 

なお、今回はロケーション撮影された名所のうち、築およそ百年の歴史を誇る塩屋の洋館、旧グッゲンハイム邸の管理人・森本アリさんを招いての特別トークショーも併せて開催するとのこと。

 

この機会に、是非ご覧になってくださいね!

 


「シネマdeリバティ!」vol.4

● 開催日時:2016年2月28日(日)
● 上映時間:10:30/13:00/15:00(1日3回上映)
※トークショーは12:15より1回のみ
● 会場:CinemaKOBE 2

(神戸高速鉄道新開地駅東出口8番から新開地本通を南へ徒歩3分)
● 上映作品:『繕い裁つ人』(2015年/日本/カラー/104分)
● 入場料金:1,000円均一
● 問い合わせ:Cinema KOBE(TEL 078-531-6607)


『繕い裁つ人』

tsukuroi

©2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会

cinemaicon_09

監督】
三島有紀子『しあわせのパン『ぶどうのなみだ』

 

【原作】

池辺葵『繕い裁つ人(講談社)

 

【キャスト】

中谷美紀

三浦貴大

余貴美子

 

【ストーリー】

頑固な二代目店主が人生を変える一着”を仕立てます。

神戸の街を見下ろす坂の上にある古びた洋風の一軒家「南洋裁店」と看板を掲げるその店は、昔ながらの職人スタイルを貫く仕立て屋だ。二代目店主の南市江が、一つひとつ丁寧に作り出す一点ものの服は即日完売。神戸のデパートに勤める藤井に、何度もブランド化の話を持ちかけられるが、彼女はまったく興味を示さない。一代目である祖母が作った服の仕立て直しやデザインを流用した新作を少し作るだけで満足だったのだ。しかし、自分がデザインしたドレスを作りたいはずという藤井の言葉に、市江の心が揺れ動く—。

 

2015年/日本/104分

 

http://tsukuroi.gaga.ne.jp/

 

ブランヌ神戸のフェイスブック