【CINEMA】2016年2月3週目<2/15~2/21>公開映画

2016/02/15


 

今週は、ドラマ好きにもたまらない作品の公開ですよ!

 

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』が映画化するそうです!

私、前々から気になりつつ観ていなかったドラマですので、この際チェックしてみようと思います。笑

「映画館でしか観れない映像特典」に胸キュンですよね?

 

 


 【2/19(金)公開】『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』

Picture Shows:  MARTIN FREEMAN as John Watson and BENEDICT CUMBERBATCH as Sherlock Holmes

©2015 Hartswood Films Ltd. A Hartswood Films production for BBC Wales co-produced by Masterpiece. Distributed by BBC Worldwide Ltd.

cinemaicon_07

【エクゼクティブ・プロデューサー・共同製作・脚本】

スティーヴン・モファット

マーク・ゲイティス

 

【監督】

ダグラス・マッキノン

 

【キャスト】
ベネディクト・カンバーバッチ(シャーロック・ホームズ)

マーティン・フリーマン(ジョン・ワトソン)

アマンダ・アビントン(メアリー・モースタン)

ルイーズ・ブリーリー(モリー・フーパー)

ユーナ・スタッブス(ハドソン夫人)

ルパート・グレイヴス(レストレード警部)

 

【ストーリー】

2010年、“名探偵シャーロック・ホームズを現代によみがえらせたら?”とのコンセプトのもと世界中で大ヒットした名作ミステリー・シリーズ。

当時、大きな知名度はなかったものの、卓越した演技力と英国紳士たる魅力を備えた二人の俳優ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンをシャーロック・ホームズとジョン・ワトソンに配役。

結果、世界中のファンを虜にしました。

作品は同時に大きな評価を獲得しシリーズ化され、5年後には通算9話の長編作品からなるシリーズ3まで放映され、英国アカデミー賞で12部門、エミー賞で7部門の受賞を果たしました。

そして2016年、多くのファンの期待に応え、ついに新たな作品が公開されます。

21世紀のロンドンを舞台に事件を解決するシャーロックとジョン―― でも、もしここが現代じゃなく1895年だったら?

蒸気機関車が走り、馬車が闊歩するベーカー街を、フロックコートに身を包んだ「世界一有名なコンサルタント探偵とその親友」が住んでいたら?

たった一度限りの特別編の舞台はなんとヴィクトリア時代のロンドン。

さぁ、ゲームは始まっています! 是非、あなたも出遅れないように!

 

2015年/イギリス/本編約90分(他、特典映像約20分)

 

http://sherlock-sp.jp/

 

なんと!

メイキング映像を含む劇場特典映像を本編に併せて上映!
● 特典映像1:「脚本家スティーヴン・モファットと巡るベーカー街221Bの旅」(約5分)
● 本編:『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』(約90分)
● 特典映像2:「シャーロック製作の裏側~主要キャスト・スタッフとともに」(約15分)

※上映時間などに変更の可能性がございます

映画館でしか観られない特別映像を、お見逃しなく!

 

また、DVDプチ・ボックスも発売♪

「SHELROCK/シャーロック」

DVDプチ・ボックス1~3(特典映像未収録)/各\4,752(税別)

販売元:KADOKAWA/2月19日(金)発売予定

 

 


【2/20(土)公開】『ピエロがお前を嘲笑う

in_main1_large

©Wiedemann & Berg Film GmbH & Co. KG, SevenPictures Film GmbH 2014; Deutsche

cinemaicon_09

※2/20(土)~26(金)『ピエロがお前を嘲笑う』と『トランスポーターイグニション』は2本立てです♪

【監督】

バラン・ボー・オダー

 

【キャスト】

トム・シリング
エリアス・ムバレク
ボータン・ビルケ・メーリング
アントニオ・モノー・Jr.
 

【ストーリー】

世間を震え上がらせたハッキング事件を起こし、さらに殺人容疑で追われる天才ハッカーのベンヤミン(トム・シリング)が警察に出頭してくる。ハッカー集団「CLAY」に加担して盗んだ情報によって殺人事件を引き起こしてしまい、今度は自分が狙われていると告白。その自白を基にベンヤミンの身辺調査に着手した捜査員は、不可解な事実を次々に見つけだす・・・。全編に仕掛けられたトリックが話題を呼び、ドイツ・アカデミー賞6部門にノミネートされたほか世界各地の映画祭でも支持された、ドイツ製サイバースリラー!
 

2014年/ドイツ/106分/PG12

 

http://pierrot-movie.com/


cinema_12

staff_img
まんまと騙されました!ピエロに嘲笑われました!気持ちい位に騙されすぎて逆に爽快感・・・☆最初から最後の最後までハラハラして、目が離せないほど。これまた音楽も格好良くてテンションあがりまくりですよ♪スタイリッシュでクオリティが高い。これは見る価値おおありです。みなさん、騙されに来てください!(Cinema KOBEスタッフ岸本さんより)

 


 

 


===【CINEMA】2016年2月公開作品ラインナップへ戻る ===

===【CINEMA】TOPへ戻る ===

 

ブランヌ神戸のフェイスブック