【CINEMA】2016年1月4週目<1/18~1/24>公開映画

2016/01/18


今週は、ほんとバラエティ豊かないろんなジャンルの映画が公開されます!

どれが好みの作品でしょうか~?

 

私としては、あらすじを読むと『ビューティ・インサイド』が気になるものの、サグラダ・ファミリアも気になるところ・・・。

 

是非是非、吟味してくださいませ!

 


【1/22(金)公開】『ビューティー・インサイド』

メイン1

© 2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD. All Rights Reserved.

cinemaicon_01

【監督】

ペク

 

【キャスト】

ハン・ヒョジュ

パク・ソジュン

上野樹里

イ・ジヌク

キム・ジュヒョク

ユ・ヨンソク

 

【ストーリー】

家具デザイナーのウジンは、18歳の時から目覚めると心以外、姿、性別、国籍等の全てが変わる病気になってしまった。男、女、子ども、老人、外国人。人に会うことなくインターネットを通して仕事をする毎日。ある日、家具屋で働く美しいイスに出会い、恋に落ちてしまう。彼女に会うための“ルックス”になる日を待って、デートに誘い、三日三晩寝ることなく、ふたりでロマンティックな時を過ごすが・・・。

 

2015年/韓国/127分

 

http://gaga.ne.jp/beautyinside/

 

cinema_12

ビューティー

毎日姿が変わっても彼女を振り向かせたい…目が覚める度に外見が別の人間に変わる男がひとりの女性を愛するファンタジーロマンスです。2013年カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル三冠を受賞したソーシャル・フィルム「The Beauty Inside」を原案に、CM監督出身のペク監督が本作で長編デビュー。姿を変える123人のウジン役には、韓国が誇る俳優たち20人に加え、上野樹里が出演!ラブ・ロマンスとして今夏韓国でも大ヒットした本作がいよいよ日本で公開となります!是非劇場でお楽しみください!(映画宣伝担当「かわすみん」さんより)

 


 【1/23(土)公開】『創造と神秘のサグラダ・ファミリア』

main_A

©Fontana Film GmbH, 2012

cinemaicon_06

【監督】

ステファン・ハウプト


【出演】

ジャウマ・トーレギタル、外尾悦郎、ジョルディ・ボネット、ジョアン・リゴール、ジョアン・バセゴダ、ライモン・パニッカー、ルイス・ボネット、コンチータ&ラモン・スグラニェス、デヴィッド・マッケイ、マリオナ・ボネット、ジョセップ・マリア・スビラックス、ジュディ・スビラックス=ブルガヤ、ジョルディ・サヴァル、ジョゼップ・タジャーダ、マーク・バーリー、ジョアン・ヴィラ=グラウ、ルアード・ボネット、ラモン・エスペル・イ・ロセル、アナ・フーバー

 

【ストーリー】

カタルーニャ州の建築家アントニ・ガウディが構想し、1882年の着工から133年経った現在に至るまでいまだ完成していない建築プロジェクト「サグラダ・ファミリア」を、スタッフしか入れない内部の映像と建築関係者らのインタビューによって解明するドキュメンタリー。

着工から130年の間、あらゆる栄枯盛衰を経て今日も成長し、進化し続けている「サグラダ・ファミリア」。その現場には日本人である外尾悦郎氏が彫刻家として参加し、現在も活躍している。時代の変化とともにコンピューターが導入され、130年前のガウディの意思を、現在の技術で、いかに表現しようとしているか、現場スタッフの試行錯誤、ガウディの意志を巡り、未だ進化し続けるガウディの偉大なライフワークの神秘を追う。

 

2012年/スイス/94分

 

http://www.uplink.co.jp/sagrada/

 

cinema_12

staff_img

スペインのシンボルとも言うべき、世界的建造物「サグラダ・ファミリア」。もうずっと造り続けて、一生完成しないのではないかしら?とすら思ってましたが…2026年完成予定ですって!あと10年!!うまくいけば、その完成を観られるラッキーな世代ですね、私たちは。東京オリンピックで大モメの国立競技場ですが、本作を観ると、なんだかガウディに鼻で笑われそうな気がします。(映画宣伝担当「S」さんより)

 

 


 【1/23(土)公開】『メモリーズ 追憶の剣』

メモリーズ 追憶の剣_main

©2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

 

cinemaicon_07

※2/13(土)より、109シネマズHAT神戸でも公開

【監督】

パク・フンシク


【出演】

イ・ビョンホン
チョン・ドヨン
キム・ゴウン
ジュノ(2PM)

 

【ストーリー】

時代に翻弄され、愛する人と戦わざるをえない運命を背負った気高き剣士たち ―
高麗末期、3人の剣士ユベク・ウォルソ・プンチョンは圧制の世を変えるべく、民と共に最強と謳われた3本の件により反乱を起こそうとしていた。しかしユベクの裏切りによりプンチョンが命を落とし計画は失敗、ユベクと愛を誓ったウォルソは深い絶望と哀しみを胸に姿を消した―。
18年後ユベクは国内で最も権力のある男になっていた。ある日、自ら開催した武術大会でウォルソにそっくりな剣さばきの少女をみつけ、右腕である若い武士ユルと共に少女を追う。少女はいったい何者なのか、ユベクが本当に望むものとは、そしてウォルソが抱え続けていた秘密とは。
3本の剣が再び揃い真実が明らかになった時、運命の切なさと真実の愛に心が震える―。

 

2015年/韓国/120分

 

http://memories-movie.com/

 


 【1/23(土)公開】『エージェント・ウルトラ』

エージェントウルトラ

Photo Credit: Alan Markfield/ © 2015 American Ultra, LLC. All Rights Reserved.

cinemaicon_05

【監督】

ニマ・ウリザテ

 

【脚本】

マックス・ランディス

 

【キャスト】

ジェシー・アイゼンバーグ

クリステン・スチュワート

ビル・プルマン

トファー・グレイス

ウォルトン・ゴギンズ

コニ―・ブリットン

 

【ストーリー】

コンビニバイトのダメ男が覚醒?! 実はCIAのNo.1エージェントだった!

ある日、コンビニ店員のマイク(ジェシー・アイゼンバーグ)は店番中に謎の女から意味不明の暗号を告げられ、気が付くとスプーン1本で二人の暴漢を刺殺していた。実はマイクはCIAの極秘計画によってマインドコントロール・トレーニングを受けた最強エージェントだったのだ。計画の封印を目論むCIA幹部はマイク殺害を指示。さらに恋人のフィービー(クリステン・スチュワート)までも人質に取られてしまう……。『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼンバーグ、『トワイライト』シリーズなどのクリステン・スチュワートが共演したアクション!


2015年/アメリカ/96分/R15+


http://agent-ultra.jp/

 

cinema_12

saitou_img

とんでもないおバカ映画かと思いきや、違いました!『ソーシャル・ネットワーク』では、ハーバード大学の超エリート役だった、ジェシー・アイゼンバーグが、超ダメ人間!ドラッグ漬けで、だらだら生きているように見える彼が、急に覚醒し、ウルトラ級の手際で、ばんばん敵を倒していきます。あまりの滑らかな手際に、殺人なのにスプラッタのホラー映画のような感覚ではなく、みることができました~。(編集部員 サイトウより)

 

saboten_img

ジェシー、すごい戦闘能力です!(笑)コメディ系なのかな?と思っていましたが、コメディ要素はあまりありませんでした。テンポよく物語が展開していくので、一気に集中して観れちゃいます★ハラハラするシーンもたくさんあって…どうなるの?!どうなるの!?とドキドキでした!最後は2人とも血だらけアザだらけなんですけど、クリステン・スチュワートは最後まで美しかった…♪(編集部員さぼてん。)

 


【1/23(土)公開】サバイバー

main_large (4)

©2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

cinemaicon_09

※1/23(土)~29(金)『サバイバー』と『カンフー・ジャングル』は2本立てです♪

【監督】

ジェームズ・マクティーグ

 

【キャスト】

ミラ・ジョボビッチ

ピアース・ブロスナン

ディラン・マクダーモット

アンジェラ・バセット

 

【ストーリー】

ロンドンのアメリカ大使館に赴任した外交官ケイトは不審な入国者の存在に気づくが、伝説のテロリスト・時計屋に狙われ爆弾テロのターゲットになってしまう。どうにか生き延びたものの爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられた彼女は、時計屋のみならずアメリカ国家やイギリス警察からも追われる身に。そんな中、大みそかのニューヨーク・タイムズスクエアにテロの危機が迫っていることを知ったケイトは、人々の命を救うべくたったひとりで戦いに挑む。

 

2015年/アメリカ・イギリス合作/97分

 

http://survivor-movie.jp/

 

cinema_12

staff_img

国を守る女性ヒロインがバイオハザードシリーズのミラ・ジョボヴィッチ!対する伝説のテロリストには007シリーズのピアース・ブロスナン。スリル満点で大満足な上、2人のアクションがかっこよすぎてスカッとします!!最後の最後までハラハラしっぱなしで、目が離せません!(Cinema KOBEスタッフ岸本さんより)

 


 


===【CINEMA】2016年1月公開作品ラインナップへ戻る ===

===【CINEMA】TOPへ戻る ===

 

 

 

ブランヌ神戸のフェイスブック