【CINEMA】2015年12月1週目<11/30~12/5>公開映画

2015/11/30


いよいよ冬本番となってきました!

あたたかい映画館で、最新映画を観るのはいかが?

今週公開される『海難1890』は、BRANNEさん調査隊レポートでもご紹介していますよ!

是非チェックしてくださいね♪

 


【12/1(火)公開】『KANO 1931海の向こうの甲子園』

KANO画像

©果子電影

cinemaicon_12

【監督】

マー・ジーシアン

 

【出演】

永瀬正敏

坂井真紀

大沢たかお

 

【ストーリー】

知っていましたか?かつて甲子園に、台湾代表が出場したことを。

台湾から、まだ見ぬ甲子園、そして決勝へ。
弱小チームがおこした奇跡の実話。

1929年、日本統治下にあった台湾で、近藤(永瀬正敏)は弱小チーム嘉義農林野球部の新監督に就任する。日本人、台湾育ちの漢人、台湾原住民の混成チームは新監督の導きでそれぞれの能力をフルに発揮し、猛特訓にも必死で食らいついていく。それまで連敗続きだったチームは少しずつ成長を遂げ、部員たちは甲子園を夢見るようになる――。

 

2014年/台湾/185分

 

http://kano1931.com/

 


【12/5(土)公開】『海難1890』

20151125branne04

© 2015 Ertugrul Film Partners

cinemaicon_01 cinemaicon_03 cinemaicon_07

企画・監督】

田中光敏

 

脚本】

小松江里子

 

音楽】

大島ミチル

 

【キャスト】

内野聖陽

ケナン・エジェ

忽那汐里

アリジャン・ユジェソイ

夏川結衣

永島敏行

竹中直人

笹野高史

 

【ストーリー】

1890年「エルトゥールル号海難事故」 1985年「テヘラン邦人救出劇」
1890年日本から、95年後のトルコへと受け継がれた想い。

日本トルコ友好125周年を迎えた今年、両国の絆の深さを映し出す、史実を基にした物語が映画となって誕生する。オスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦「エルトゥールル号」は帰国の途中、和歌山県沖で台風に遭遇し、沈没。500人以上もの犠牲者が出る中、地元住民の懸命な救助活動によって69人の命が救われ、トルコへ帰還。この事件をきっかけに、日本とトルコの間に厚い友情が結ばれることとなった。そして1985年、イラン・イラク戦争で緊張が高まるテヘランに200人以上の日本人が取り残され、日本大使館はトルコに救出を依頼する…。勇気と誠意を映し出した真実のドラマが、壮大なスケールの合作映画として描かれる。

 

2015年 / 日本・トルコ合作 / 132分

 

http://www.kainan1890.jp/

 

この作品は、12月号の「BRANNEさん調査隊レポート」でも特集されています♪

_ƒgƒbƒvƒy[ƒWimg

↑画像をクリックすると、ページに飛びます。

 

 

cinema_12

saitou_img
BRANNE調査隊のために、事前に試写会に参加したサイトウですが、仕事にもかかわらず実はけっこう泣いてしまいました・・・。何の見返りもなく、ただそこに困っている人がいるから助けるのですよ!そして、これがフィクションであれば「良くある話」ですましてしまうかもしれないのですが、実際にあった話だと思うともうそれだけで胸がいっぱい。(涙)迫力の海難シーン等、絶対にスクリーンで観た方がいいと思います!そして、私が最もツボだったのは、ヒロイン・忽那汐里ちゃんの可愛さ!そして、英語ペラペラ!ここらへんも是非チェックしていただきたいと・・・。(編集部員サイトウ)

 

 


【12/5(土)公開】『杉原千畝 スギハラチウネ』

印刷用_杉原千畝_メイン

©2015「杉原千畝 スギハラチウネ」製作委員会

cinemaicon_01 cinemaicon_02 cinemaicon_03 cinemaicon_07

監督】

チェリン・グラック

 

脚本】

鎌田哲郎、松尾浩道

 

【キャスト】

唐沢寿明

小雪

ボリス・シッツ
アグニェシュカ・グロホフスカ
ミハウ・ジュラフスキ

 

【ストーリー】

戦後70年の時を経て、「真実の物語」が
感動超大作としてスクリーンに甦る!

1939年に領事代理としてリトアニアに赴任し、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ難民にヴィザを発行。およそ6,000人の命を救ったことで、「日本のシンドラー」と呼ばれている杉原千畝のドラマティックな半生を描く。外交官の杉原千畝は、堪能な語学と独自の諜報網を駆使し、満州ののち、リトアニアで混迷を極めるヨーロッパ情勢を分析・予測して日本に発信していた。やがてドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。混乱の世界情勢下、危険な諜報戦に身を投じた千畝の信念と、日本政府に背き独断でユダヤ難民にヴィザを発行し続けた彼の覚悟、そして彼を支えた家族愛や友情を描き出す。

 

2015年 / 日本 / 139分

 

http://www.sugihara-chiune.jp

 


【12/5(土)公開】『クーデター

main_large (4)

©2015 Coup Pictures, LLC. All rights reserved.

cinemaicon_09

※12/5(土)~12/11(金)『クーデター』と『善き人に悪魔は訪れる』は2本立てです♪

【監督】

ジョン・エリック・ドゥードル

 

【キャスト】

オーウェン・ウィルソン

レイク・ベル

スターリング・ジェリンズ

クレア・ギア

ピアース・ブロスナン

 

【ストーリー】

仕事の関係で東南アジアの某国に家族と一緒に移り住むためにやって来たジャックだったが、到着した翌朝にクーデターが発生。暴徒により外国人が次々と殺害されていく中、滞在先を襲撃されたジャックは妻子を守るため、安全な場所を求めて逃げ回る。そんな中、現地で知り合った旅行者ハモンドの助けで何とか命拾いしたものの、思いも寄らない現実が彼らを待ち受けていた・・・。

 

2015年/アメリカ/103分

 

http://www.coup-movie.com/

 

cinema_12

staff_img
言葉が通じない外国で、周りは敵だらけ。家族を守りながら行く先々で選択を迫られる、リアルな緊迫感にハラハラドキドキ!飽きることなく楽しめますよ☆親になることの責任の重大さ、外国の怖さを改めて感じられる作品です。(Cinema KOBEスタッフ岸本さんより)

 


 

 


===【CINEMA】2015年12月公開作品ラインナップへ戻る ===

===【CINEMA】TOPへ戻る ===

ブランヌ神戸のフェイスブック