【CINEMA】2015年11月3週目<11/9~15>公開映画

2015/11/09


こんにちは~。

今週もはじまりました!

 

ジュリエット・ビノシュの新作映画も、紀里谷監督初のハリウッド進出作品も気になります!

そして見逃していた映画も、パルシネさんで上映していただけるのはありがたい~!と思っている人は私だけではないはず!

 

是非是非チェックして下さいね!

 


【11/9(月)公開】『悪童日記』

akudo-main

©2013 INTUIT PICTURES – HUNNIA FILMSTUDIO – AMOUR FOU VIENNA – DOLCE VITA FILMS

cinemaicon_10

※11/9(月)~11/18(水)パルシネマさん公開の『悪童日記』と『チャイルド44』は2本立てです♪

 

【監督】

ヤーノス・サーシュ

【キャスト】

アンドラーシュ・ジェーマント

ラースロー・ジェーマント

ピロシュカ・モルナール

 

【ストーリー】

戦時中、疎開先として厳しい祖母の家に預けられた双子の兄弟は毎日多くの仕事を課せられる。町の人も二人には厳しくあたったが二人の強く生き抜くという意思は強く、自分たちをあえて厳しい状況に追い込むことで…。

 

2013年/ドイツ・ハンガリー/111分/PG12

 

 

cinema_12

staff_img
双子の兄弟は戦時中という厳しい状況で生き残る為に、色々と悪いことをします。そしてそれ以上により強くなろうと自分たちを厳しい状況に追い込み耐えていくのですが、その度合いが凄いです!冷静に人々を観察して行動にでる様子は恐ろしくもあり、作品全体として強烈な印象が残ります。戦時中にも関わらず田舎の美しい映像もまた印象的でした。(パルシネマ支配人・小山さん)


 

【11/8(月)公開】『チャイルド44』

CH44_D45-13005.CR2

© 2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

cinemaicon_10

※11/9(月)~11/18(水)パルシネマさん公開の『悪童日記』と『チャイルド44』は2本立てです♪

 

【監督】

ダニエル・エスピノーサ
【キャスト】
トム・ハーディ
ゲイリー・オールドマン
ノオミ・ラパス

【ストーリー】

楽園であるソ連には犯罪など存在しないことになっており、そのような事件はすべて事故扱いとなり捜査自体も禁じられていた。だがある優秀な捜査官は、親友の息子が殺された事件をきっかけに真相を究明しようとするが、立ちはだかる国という暗い壁はあまりにも高く…。

2015年/アメリカ/137分/PG12

 

http://child44.gaga.ne.jp

 

cinema_12

staff_img
炭坑労働者と「彼ら」が共に弱者で立場は違えど政府は敵という共通点から支援する実話に基づいた作品。彼らのとにかく前向きな姿勢は見てる人達に心の底から元気をもらえます!見終わった後はみなさん方それぞれが勇気がなくて行動にうつせなかったことに挑戦してみてください!(パルシネマ支配人・小山さん)

 


【11/14(土)公開】アクトレス~女たちの舞台~

アクトレス_main_s

©2014 CG CINÉMA – PALLAS FILM – CAB PRODUCTIONS – VORTEX SUTRA –

ARTE France Cinéma – ZDF/ARTE – ORANGE STUDIO – RTS RADIO TELEVISION SUISSE – SRG SSR

cinemaicon_04

【監督・脚本】

オリヴィエ・アサイヤス

 

【キャスト】

ジュリエット・ビノシュ

クリステン・スチュワート

クロエ・グレース・モレッツ

ラース・アイディンガー

ジョニー・フリン

アンゲラ・ヴィンクラー

 

【ストーリー】

かつて一世を風靡した大女優の孤独と葛藤、そして美しさを描く極上のドラマ

 

大女優として知られるマリアとマネージャーのヴァレンティンは、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。ある日、マリアは世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされるが、かつて自身が演じた若い主人公の役はハリウッドで活躍する若手女優のジョアンに決まり、マリアに求められたのは主人公に翻弄される中年の上司役だった…。

──女優の演出に定評のあるオリヴィエ・アサイヤス監督が、きらびやかな世界に生きる大女優の孤独と葛藤をスイスの絶景の地シルスマリアを舞台に描き出し、カンヌ映画祭で世界中を熱狂させた本作。圧倒的な存在感のジュリエット・ビノシュ、本作で米国人女優として初のセザール賞助演女優賞を受賞したクリステン・スチュワート、マリアのライバルとして大人の魅力を開花させたクロエ・グレース・モレッツと、いま最も旬な女優たちが艶やかに競演した傑作です。シャネルが衣装やメイク、ジュエリーを提供したことでも話題の本作を、ぜひご高覧ください。

 

2014年/フランス・スイス・ドイツ/124分

 

http://actress-movie.com/

 

 


【11/14(土)公開】『ラスト・ナイツ』

ラスト・ナイツメイン画像

©2015 Luka Productions

cinemaicon_01 cinemaicon_02 cinemaicon_07

【監督】

紀里谷和明

 

【キャスト】

クライヴ・オーウェン

モーガン・フリーマン

 

【ストーリー】

戦士の時代は終わりを迎え、よこしまな政治が栄誉に取って変わろうとしていた封建的な帝国。権力欲に取り憑かれた非道な大臣への不正な賄賂を堂々と断り、刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)は、反逆罪に問われ、最も残忍な処刑による死罪を勧告される。それは、愛弟子であり、自身の後継者として信頼するライデン(クライヴ・オーウェン)による斬首。絶対に出来ないと断るライデンに対しバルトーク卿は武士の掟を全うし、自身亡き後の一族を守れと諭す。ライデンは震える手で主君の首を落とした。
一年後。気高い騎士達は、その日が来るまで刀を捨て、身分を隠していた。隊長であるライデンは酒浸りの日々を過ごし、宿敵の目を欺く。すべては忠誠を誓った主君バルトーク卿の仇を討ち、堕落し、不正がはびこる権力への報復のために。死を覚悟し挑む、気高い騎士達の戦いが今、はじまる。

 

2015年/アメリカ/115分/PG12

 

http://lastknights.jp/

 

 

cinema_12

ラストナイツかわすみん

黒を基調とした映像美、ド迫力のアクションシーン、 “武士道”という日本人の心がこれほどまでに美しくかっこよく描かれた作品は他にはないのでは?『これは素晴らしい…!』男女年齢問わず皆さんそう言って下さいます。女性は泣かれる方も!「CASSHERN」「GOEMON」の紀里谷監督、初のハリウッド進出作品です!出てくる男性がまぁカッコいい!現代の日本では見れない?!()真の男がそこにはいます。顔ももちろんですが、心が男前なんです。是非劇場の大きなスクリーンでご覧ください!(映画宣伝担当「かわすみん」さんより)

 

 


【11/14(土)公開】『マーシュランド

marshland_main_pg_large

©ATIPICA FILMS ©SACROMONTE ©ATRESMEDIA CINE

cinemaicon_09

※11/14(土)~11/20(金)上映

<レイトショー>

 

【監督】

アルベルト・ロドリゲス

 

【キャスト】

    • ラウール・アレバロ
    • ハビエル・グティエレス
    • アントニオ・デ・ラ・トーレ

 

【ストーリー】

湿地帯の小さな町で、祭りの開催中に2人の少女が行方不明になり、強姦・拷問された惨殺体となって発見された。捜査のために首都マドリードから派遣されてきた若手刑事ペドロとベテラン刑事フアンは、これまでにも同じような少女失踪事件が起きていた事を突き止める。さらに捜査を進めると、貧困や差別、汚職、小児性愛、麻薬密売など町に潜んでいた様々な闇が浮かび上がる。そんな中、またも1人の少女が失踪し・・。

 

2014年/スペイン/105分

 

http://klockworx.com/movie/m-402811/

 

cinema_12

staff_img

「ワールド・エクストリーム・シネマ」の第二段はこれ!スペイン・アカデミー賞《ゴヤ賞》最多10部門受賞の傑作ミステリー!スペイン暗黒の時代、その歴史的背景に基づくスリリングなストーリーに、刑事たちが繰り広げる熱い人間ドラマがまた凄い。緊張感に満ちた物語が辿り着く圧巻のラスト。陽気で明るいスペインのイメージがガラリとかわります!これぞスパニッシュ・ミステリーの傑作!(Cinema KOBEスタッフ岸本さんより)

 


 

===【CINEMA】2015年11月公開作品ラインナップへ戻る ===

===【CINEMA】TOPへ戻る ===

 

 

 

 

 

ブランヌ神戸のフェイスブック