映画『ローリング』の舞台挨拶に行ってきました!

2015/10/06


10/3(土)元町映画館さんで公開された映画『ローリング』。

(コチラのページで作品の紹介もしています。→ 

 

Rolling_main

©2015『ローリング』製作委員会

 

なんと、舞台あいさつがあるとのことなので、さっそく行ってきました!

冨永昌敬監督をはじめ、

 

三浦貴大さん

Rolling_sub02

©2015『ローリング』製作委員会

 

柳英理沙さん

Rolling_sub03

©2015『ローリング』製作委員会

 

西桐玉樹さん

Rolling_sub04

©2015『ローリング』製作委員会

 

・・・が、元町映画館に!(すごい!)

 

==========

 

今回、BRANNEの宮岸さんと行ってきました!

1_PA035730

「がんばるぞ!」としておりますが、かなり緊張しています・・・。

(サイトウももちろんです。笑)

 

最終の上映が終わった後、舞台あいさつが始まりました。

1_PA035733

 

元町映画館に行かれた方は知っていらっしゃると思うのですが、けっこう客席と舞台が近いんです!

1_PA035734

後ろから見守っていてもこんな感じ。(近い!)

 

いつもメインでお話しされている権藤先生役の川瀬陽太さんが、今回残念ながら参加できなかったそうなので、冨永監督が司会進行役!?

なんとも言えないゆる~い感じでしたが、客席と近いこともあって、すごくアットホームで楽しい感じになりました。

 

1_PA035733

写真、遠くてすみません・・・。

 

  • 客席からの質問も気軽に受けてくれていました。

そのうちの一つをご紹介。

 

  • 「台本をもらっての役作りはどんな感じでしていますか?」

(三浦さん)
台本をもらって読んだ段階で、あんまり考えないで台詞だけ覚えて行こうと思った。監督と話した時に、「常に口が半開きみたいなバカっぽい役どころ」と聞いて、あっていると確信。(笑)あと、貫一のイメージは、だらしない体だったので、4~5キロ太って撮影に臨みました。

 

(柳さん)
ちょうど食中毒で入院していた時に台本をもらったので、病院で読みました。ちょうど入院して6~7キロやせたのですが、はかない役どころなので、ちょうどいいと思いました。貴大君と逆ですね。(笑)

 

(西桐さん)
2回くらい送ってくれたけど・・・、台本を読んでない。(笑)

 

体重を増やしたり減らしたり・・・、俳優さんは本当にすごい!

 

また、終始会場では笑い声が。

本当に楽しい舞台あいさつとなりました。

 

1_PA035736

サイトウが、腰痛を抱えつつ撮影するという余裕がない中、宮岸さんには頑張ってメモを取ってもらいました。ありがとう。

 

舞台あいさつ終了後は、2階のイベントスペースで、パンフレット購入者へのサイン会を開催!
実はこの後、取材をさせていただく予定で、サイン会が終わるまで待機する予定だった我々ブランブラン.チーム。

 

でも、あまりの舞台あいさつのステキさに、仕事を忘れてパンフレットを購入。
サインをしっかりいただいてしまいました~♪

 

ジャーン!

1_PA055768 IMG_3716

皆さんのサイン入り!
そして、本業は画家である西桐さんの似顔絵入り!
サラサラっと一瞬で描かれる姿はさすが!

 

 

そして、サイン会終了後に取材をさせていただきました。
1_PA035764
なにもお願いしていないのに、BRANBRAN.をもって写真に写ってくれる柳さん!
カワイイ!やさしい!なんてステキな子なの?!

 

この時点ですでに、22時は回っています。
お疲れのところ、あまり長くなるのは申し訳ないと思い、BRANBRAN.読者(20代~30代のOLさんターゲット)に向けてオススメのポイントなんてあれば教えてください~とお願いしました。(「逆にすごい難しい~」とのこと。申し訳ありません!)

 

(柳さん)
ダメ恋愛に引っかかる女の子に見てもらいたい!

 

ダメな男に自分の恋愛を重ねたり、女子同士で話し合いたくなる映画。
読者のみなさんが、どう感じたのかを知りたいです!

 

(冨永監督)

登場する人物は、行き当たりばったりで生きている人間ばかり。

馬鹿らしく生きている人間達の世界に浸ってみてはいかが?

 

(三浦さん)

今時珍しいオラオラぶってる貫一に注目してみて欲しい!

 

けっこう恥ずかしい台詞の数々…。

自分では恥ずかしかったけれども、皆さんはどう感じるのでしょうか?

 

(西桐さん)

若奥さんに注目!

 

 

・・・ブランブラン.読者に向けてのオススメポイントではないのではないかと、ざわつく皆さん。笑
大丈夫です!
たぶん、みんな「若奥さん?」と注目して観てくれると思います。

 

最後に、監督から読者へのメッセージをいただきました。

 

先生が逆境に立ち向かうも空回りしてしまう姿から
無理して逆境から立ち直ろうとしなくて良いんじゃなかというメッセージ性を感じ取っていただけたら幸いです。

 

1_PA035767
お忙しい中、つたない取材にお付き合いいただき、本当にありがとうございました!

 

ちなみに、皆さんの後ろに写っているのは、元町映画館さん2Fのイベントスペースに貼っているのは、元町映画館スタッフさんによる「柳英理沙さんフィルモグラフィー」!愛情あふれるこの展示は必見ですよ!
「ローリング」を観に行ったら、必ず見て帰りましょう!

 

今回一緒に取材してくれたのは・・・
BRANNEimg_minegishinahori

 

舞台挨拶におじゃまするのは人生初で、めちゃくちゃ緊張しましたが、インタビューの時も「そんな緊張しなくて良いんだよ」と声をかけていただいてほんとにアットホームな雰囲気で楽しかったです!(舞台挨拶も結構ゆるい感じだった!)

 

宮岸さんもお疲れ様でした!

2人して取材前はドキドキしていたのですが、皆さん本当に気さくでステキな方々で、何とか、お話しをうかがうことができて良かったです。

そして、私自身皆さんの大ファンになってしまいました!

 

映画『ローリング』は、「女子同士で意見を交わしながら見て欲しい!話し合いたくなるポイントがたくさんある映画」です!

 

是非是非、ブランブラン.にも感想を送ってくださいね!

 

【10/3(土)~23(金)公開!】『ローリング』

Rolling_sub09

©2015『ローリング』製作委員会

cinemaicon_06


【監督・脚本】

冨永昌敬

 

【キャスト】

三浦貴大
柳英里紗
川瀬陽太
松浦祐也
礒部泰宏

橋野純平

森レイ子

井端珠里

杉山ひこひこ

西桐玉樹

深谷由梨香

星野かよ

高川裕也

 

【ストーリー】

水戸のおしぼり業者で働く貫一は、10年前学校内で盗撮事件を起こし行方をくらましていた元高校教師の権藤と再会する。権藤はかつての教え子たちにつかまり糾弾され面目を失い、さらに東京から連れて来ていたキャバクラ嬢みはりに貫一が一目惚れし権藤から奪ってしまう。一方かつて権藤の盗撮した動画に録画されたある人物に目を付けた貫一の悪友たちによって、芸能事務所を巻き込んだ思わぬ騒動へと発展していく…。

 

2015年/DCP/93分/カラー

 

http://rolling-movie.com/

 

 

===【CINEMA】2015年10月公開作品ラインナップへ戻る ===

===【CINEMA】TOPへ戻る ===

 

ブランヌ神戸のフェイスブック