【CINEMA】2015年10月3週目<10/12~10/18>公開映画

2015/10/12


連休最終日の本日、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

連休明けの週末は映画館でごゆっくりするのはいかがでしょう~?

 


【10/15(木)公開】『陽だまりハウスでマラソンを』

Sein letztes Rennen

©2013 Neue Schönhauser Filmproduktion, Universum Film, ARRI Film & TV

cinemaicon_10

※10/15(木)~26(月)パルシネマさん公開の『陽だまりハウスでマラソンを』と『ゆずり葉の頃』は2本立てです♪

 

【監督・脚本】

キリアン・リートホーフ

 

【キャスト】

ディーター・ハラーフォルデン

ターチャ・サイブト

ハイケ・マカッシュ

フレデリック・ラウ

カトリーン・ザース

 

【ストーリー】

妻の病気で夫婦一緒に入居した老人ホームは元気な夫には退屈そのもの。元オリンピック選手の彼は久々にマラソンを再開するが妻や周りの人達は…。

2013年/ドイツ映画/115分

 

http://hidamarihausu.com/

 

 

実は、今年の3月号の『ブランヌさん調査隊レポート』でご紹介した作品です!

このときの詳細はコチラからどうぞ~。

 

※画像をクリックするとリンクに飛びます。↓

20150225BRANNEimg01

 

cinema_12

staff_img

予告編ではおだやかなイメージがありますが、それだけではなく真面目なテーマも盛り込まれていて、登場人物のそれぞれの立場や考え方に注目です。いくつになっても常に刺激を!オススメです。(パルシネマ支配人・小山さん)

 

saitou_img

ちょうど親がだんだん年をとってきたな~と感じだした私には、娘目線で追感情移入してしまう映画でした。「頑張ってほしい、でも心配(年だから)。いくらなんでもフルマラソンて!」という心の動きが忙しかったです。笑。でも自分がおばあさんになったら、いつまでもいろんなことにチャレンジしたいなと前向きになれる映画ですよ!(編集部員・サイトウ)

 

 


【10/15(木)公開】『ゆずり葉の頃』

yuzuriha_main

© 岡本みね子事務所

cinemaicon_10

※10/15(木)~26(月)パルシネマさん公開の『陽だまりハウスでマラソンを』と『ゆずり葉の頃』は2本立てです♪

 

【監督】
中 みね子
【キャスト】
八千草 薫
仲代 達矢
風間 トオル
竹下 景子
六平 直政
嶋田 久作
本田 博太郎
岸部 一徳

 

【ストーリー】

まだ少女だった頃に想いを寄せていた国際的画家の個展を観に女性は軽井沢へ。彼女は多くの人のぬくもりに触れ、そして思いがけない出逢いが…。

 

2014年/日本/102分

 

http://yuzurihanokoro.com

 

 

cinema_12

staff_img
きれいな映像と音楽、静かなストーリーがスクリーンの中の世界がすごく近くに感じれる作品です。仲代達矢さんの演技はいつ見ても素晴らしいと思いました。(パルシネマ支配人・小山さん)

 

 


 

【10/16(金)公開】ピッチ・パーフェクト2

pp2_メイン_s

© 2015 Universal Studios.

cinemaicon_03 cinemaicon_07

【監督】

エリザベス・バンクス

 

【脚本】

ケイ・キャノン

 

【キャスト】

アナ・ケンドリック

レベル・ウィルソ

ヘイリー・スタインフェルド

アンナ・キャンプ

ブリタニー・スノウ

 

【ストーリー】

全米No.1!! 世界中でメガヒット!!

最高に↑アガる↑青春アカペラミュージカル♪

全米では映画もサントラも初登場1位を記録し、ミュージカル映画としては『レ・ミゼラブル』『マンマ・ミーア!』を超え、いま世界中でメガヒット中の超話題作。数字のごとくスケールもグレードアップし、舞台はついに世界へ。アナ・ケンドリック、レベル・ウィルソンほか女子大学生アカペラ部“バーデン・ベラーズ”たちが再集結し、人気急上昇中のヘイリー・スタインフェルドが新加入。彼女たちの歌と踊りの実力もはるかにレベルアップし、選曲のユーモアとセンスが光るアカペラバトルからは目が離せない。今年のグラミー賞で4冠を達成したサム・スミスやシーアなど豪華な面々によって手がけられたテーマ曲「Flashlight」は必聴。先日早くも3作目の製作が発表された、今もっとも熱い青春アカペラミュージカルをぜひ!

 

2015年/アメリカ/115分

 

http://pitch-perfect2.jp/

 

cinema_12

staff_img

ちょっと「ピー!」な差別用語の連発とブラックジョークに抱腹絶倒!見た目も中身もとってもキュートで開けっぴろげな彼女達ですが、そのアカペラの実力といったら!!!マイリー・サイラス、テイラー・スウィフトといった今どきのポップから、ローリン・ヒルなど90年代ヒップホップ、さらにはジャーニーなど懐かしいサウンドまで終始アゲてくれるアカペラミュージカルです♪(映画宣伝担当「S」さんより)

 


 

【10/16(金)公開】『ジョン・ウィック』

メイン

 Motion Picture Artwork © 2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.©David Lee.

cinemaicon_01 cinemaicon_07

【監督】

チャド・スタエルスキ

 

【キャスト】

キアヌ・リーブス
ウィレム・デフォー
イアン・マクシェーン

 

【ストーリー】

『スピード』『マトリックス』シリーズ。かつて世界が驚嘆し、目を疑ったスタイリッシュ・アクションの金字塔が、再び我々の前に姿を現す。全米No.1!既にハリウッドはその男が提示するアクション新次元に飲み込まれようとしている。
その男―キアヌ・リーブス。
彼は、マフィアに全てを奪われた伝説の殺し屋ジョン・ウィックとした、あまりに流麗でド迫力な殺しの美学を観につけて復活を果たした。
監督は『マトリックス』シリーズで新アクションを生み出してきた張本人、チャド・スタエルスキ。新銃術ガン・フー(ガン+カンフー)で、再びキアヌと世界に降臨する。今、観る者の度肝を抜くノンストップ・キリング・アクションショーの幕が開く。

 

2014年/アメリカ/101分/R15+

 

http://johnwick.jp/

 


【10/16(金)公開】『白い沈黙』

白い沈黙_メイン

© Queen of the Night Films Inc.

 

cinemaicon_07

【監督】

アトム・エゴヤン

 

【キャスト】

ライアン・レイノルズ
スコット・スピードマン
ロザリオ・ドーソン
ミレイユ・イーノス

 

【ストーリー】

カナダ・ナイアガラフォールズの街でつつましくも幸せな家庭を築き上げたマシューが、突然の悲劇に見舞われた。それはある吹雪の日、スケート選手を夢見る9歳の愛娘キャスを迎えに行った帰り道のこと。行きつけのダイナーに立ち寄ったほんの数分の間に、車の後部座席に残したキャスが忽然と姿を消してしまったのだ。何者かによる誘拐を主張するマシューだったが、具体的な物的証拠や目撃情報は一切ない。刑事たちから疑惑の目を向けられたマシューは、娘の失踪に取り乱した妻ティナからも猛烈な非難を浴びてしまう。それから8年。捜査は完全に行き詰っていた。娘を守れなかった自責の念に駆られたマシューは、毎日あてどなく車を走らせてキャスを探し回っている。そんなある日、刑事がネット上でキャスに似た少女の画像を発見し、その後も彼女の生存を仄めかす手がかりが次々と浮上する。それはいったい誰が、何のために発したサインなのか。キャスは本当に今も生きているのか。やがてマシューの行く手に待ち受けていたのは、空白の8年をめぐる想像を絶する真実だった―。

 

2014年/カナダ/112分

 

http://shiroi-chinmoku.com/

 

 


【10/17(土)公開】『ヴェルサイユの宮廷庭師』

_ND43326.NEF

© BRITISH BROADCASTING CORPORATION, LITTLE CHAOS LIMITED, 2014.

cinemaicon_04

【監督】

アラン・リックマン

 

【出演】

ケイト・ウィンスレット

マティアス・スーナールツ

アラン・リックマン

スタンリー・トゥッチ

ヘレン・マックロリー

 

【ストーリー】

1682年フランス。フランスの田園地方で、造園家という天職を見つけていたサビーヌ・ド・バラの元に、突然、ル・ノートルからの手紙が舞い込む。国王のルイ14世が、国の栄華を象徴するヴェルサイユ宮殿の増改築を計画し、その造園に当たり、今でいうところのコンペの招集をしたのだ。露骨な性差別を受けるものの、大家ル・ノートルは彼女の可能性に賭け、〈舞踏の間〉造園を任せることに。自由な発想で仕事に臨む彼女と伝統と秩序を大切にしてきたアンドレは、事あるごとに衝突してしまう。やがて彼女のセンスに共鳴した師匠ル・ノートルは、徐々に彼女と惹かれ合うようになり……。

 

2015年/イギリス/117分/PG12

 

http://versailles-niwashi.jp/

 

cinema_12

saboten_img

隠されたメッセージが多い作品だと感じました!例えば、主人公が泥仕事をする時もずっとロングスカートなので、「どうしてなんだろう」と思いながら見ていたのですが、後でパンフレットを読んでみると「女性が活躍できない時代の象徴」であるので、仕事中もコルセットやスカートを脱ぐわけにはいかなかったと書いてありました。なるほど…すごく納得!その時代の背景を考えながら観ると、とても面白いです。後で考察するのも楽しいです。完成したお庭も素敵でした!(さぼてん。)

 


【10/17(土)公開】『最後まで行く』

a-hard-day_main_large

© 2014 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND AD406 ALL RIGHTS RESERVED.

cinemaicon_09


【監督】

 キム・ソンフン

【出演】

イ・ソンギュン

チョ・ジヌン

シン・ジョングン

チョン・マンシク

シン・ドンミ

 

【ストーリー】

殺人課の刑事ゴンズは母の葬式の日に急な連絡を受け、慌てて警察署へと向かう。その途中で、不注意から通行人の男をはねてしまった彼は、男の遺体を隠すため、母の棺桶に入れて一緒に埋葬してしまう。ところが、事故の一部始終を目撃した謎の男チャンミンから脅迫を受けるようになり、次第に追い詰められていく、クライムサスペンス。
 

2014年/韓国/111分/PG12

 

http://www.albatros-film.com/movie/saigomadeiku/

 

cinema_12

staff_img
最初から最後までノンストップの緊張感で、先の読めない展開に大満足。さまざまな思惑が交差して見所満載!クライムサスペンスといいつつも笑える場面もあって、どんどん引き込まれていきます。韓国映画ってすごいんだなと改めて実感できる作品です!(Cinema KOBEスタッフ岸本さんより)


 

【10/17(土)公開】『アデライン、100年目の恋』

adalineMAIN-(1)

© 2015LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC, KIMMEL
DISTRIBUTION,LLC AND LIONS GATE FILMS INC. ALL Rights Reserved

cinemaicon_05

【監督】

リー・トランド・クリーガー

 

【出演】

ブレイク・ライヴリー

ミキール・ハースマン
ハリソン・フォード

エレン・バースティン

 

【ストーリー】

ある出来事がきっかけで“永遠の29歳”となった女性が、

100年の時を経て真実の愛を見つけた、ラブファンタジー。

奇跡的な出来事がきっかけで年を取らなくなってしまったアデライン(ブレイク・ライヴリー)。100歳を超えているのに29歳にしか見えない彼女は、怪しまれないように10年ごとに名前も住所も外見も変え、新しい人生をスタートさせなくてはならない。ある日ホテルで行われた年越しパーティで、魅力的な青年エリス(ミヒル・ホイスマン)と出会う。エリスにどんどん惹かれていくアデラインであったが、2人の間に秘密と過去の恋が立ちふさがる――。TVシリーズ『ゴシップガールズ』のブレイク・ライヴリーが纏うさまざまな時代のファッションも必見です♪
 

2015年/アメリカ/113分
http://adaline100.jp/

 


 

 

===【CINEMA】2015年10月公開作品ラインナップへ戻る ===

===【CINEMA】TOPへ戻る ===

 

ブランヌ神戸のフェイスブック