【CINEMA】2017年11月2週目<11/6~12>公開映画

2017/11/06


11/10(金)公開★『ザ・サークル』

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

cinemaicon_01 cinemaicon_07 cinemaicon_13 cinemaicon_16 cinemaicon_15

【監督】ジェームズ・ポンソルト

【出演】エマ・ワトソン、トム・ハンクス、ジョン・ボイエガ、カレン・ギラン、エラー・コルトレーン
【ストーリー】

ユーザーのあらゆるデータを蓄積し、世界ナンバーワンのシェアを誇る超巨大SNS企業「サークル」。憧れの「サークル」に採用された新入社員のメイは、あることがきっかけでカリスマ経営者のベイリーの目に留まり、新サービス「シーチェンジ」のモデルケースに大抜擢される。「サークル」が開発した超小型カメラによって、自身の24時間を公開することとなったメイは、あっという間に1000万人を超えるフォロワーを集め、アイドル的な人気を博していくが……。

2017年/アメリカ/110分

http://gaga.ne.jp/circle/(公式サイト)


11/10(金)公開★『MASTER/マスター』

© 2016 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA. ALL RIGHTS RESERVED

cinemaicon_07

【監督】チョ・ウィソク

【出演】イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビン
【ストーリー】

国際派俳優イ・ビョンホンが、極悪非道な詐欺師を演じ、これまでのイメージを一新。カン・ドンウォンも自身初となる刑事役で冷静と激情を交えた新たな魅力を開花。キム・ウビンは善悪の狭間に生きる野心家の青年を熱演する。先の読めないスリリングな駆け引きは、肉体バトル、ガンアクション、カーチェイスへとなだれ込み、国境を越え予想を遥かに超えるダイナミックな攻防戦へと突入。国家を激震させた実在の「チョ・ヒパル詐欺事件」をモチーフに、『監視者たち』のチョ・ウィソク監督が現代社会にはびこる巨大な悪に正義のメスを突き立てる、高密度な傑作クライムアクション巨編がついに日本を席巻する!!

2016年/韓国/143分/ツイン

http://master-movie.jp/(公式サイト)

cinema_12

staff_img
真実は<悪>を越えられないのか―“絶対悪 vs. 正義”のチェイスバトル。
カリスマ詐欺師に、知能犯罪捜査官と天才ハッカーが挑む、究極のノンストップ・クライムアクション・エンターテインメントがここに誕生しました。息もつかせぬアクションシーンは必見です!

11/11(土)公開★『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』

© 2014 EG Film Productions / Saga Film © Julian Lennon 2014. All rights reserved. 

【監督】メアリー・マクガキアン

【出演】オーラ・ブラディ / ヴァンサン・ペレーズ / ドミニク・ピノン / アラニス・モリセット
【ストーリー】

近代建築の巨匠ル・コルビュジエ。彼には生涯で唯一その才能を羨んだと言われる女性がいた。彼女の名はアイリーン・グレイ。インテリア・デザイナーとしても著名な女性建築家だ。南仏の海辺に立つ彼女の別荘〈E.1027〉はモダニズム建築史上に残る傑作とされるが、そこは長く近代建築の巨匠ル・コルビュジエの作とされ、アイリーンの存在は歴史の影に覆い隠されてきた。そこには光り輝く才能を発揮する彼女に対する、ル・コルビュジエの密やかな嫉妬と欲望が絡まりあう、知られざる愛憎のドラマがあった―――――。激動の時代を生きた二人の建築家の人生を、実際の建築や家具などを用いながら眩しい映像美でつづった極上のドラマ。

 

2015年 / ベルギー・アイルランド/ 108分 / トランスフォーマー
http://www.transformer.co.jp/m/lecorbusier.eileen/(公式サイト)

cinema_12

staff_img
物語の題材となっているのは、アイリーンが南仏の海辺に設計し建てた別荘〈E.1027〉。この別荘のためにデザインされたサイドテーブルは世界的に有名です。アイリーン・グレイが持てる才能すべてを懸けて建てた別荘と家具がいたる所に登場する本作、いよいよ神戸公開です。

11/11(土)公開★『人生はシネマティック!』

© BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016

【監督】ロネ・シェルフィグ 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』(11)

【出演】ジェマ・アータートン 『ボヴァリー夫人とパン屋』(14)、サム・クラフリン 『世界一キライなあなたに』(16)、ビル・ナイ 『ラブ・アクチュアリー』(03)
【ストーリー】

1940年、第二次世界大戦下のロンドン。ドイツ軍からの空爆が日毎に激しさを増す中、イギリス政府は国民の不安を取りのぞいて戦意を高揚させるための宣伝映画(=プロパガンダ映画)を製作していた。なんとこれまで一度も執筆経験のないコピーライターの秘書が、新作の脚本を書くことになったのだ!それは、フランスのダンケルクでドイツ軍の包囲から英軍兵士を救出した、双子の姉妹の物語。この感動秘話を共同で脚本化に挑む彼女だったが、いざ製作が始まると、政府の検閲や軍部の横やり、ベテラン俳優のわがままやセリフ棒読みのド素人の出現により、脚本が二転三転するトラブルが続出!それでも戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、無茶な要求にも負けず、彼女は必死にベストを尽くす。そんな姿に出演者やスタッフは共感し、現場の結束力は高まっていく。しかし、映画が完成間近になった時、予想もつかない最悪の事態が待ち受けていた――。

 

2017/イギリス/117分/キノフィルムズ

http://jinsei-cinema.jp/(公式サイト)


CINEMA TOPページ

icon_facebook_branbran icon_twitter_branbran icon_ameba_branbran icon_insta_branbran

 

ブランヌ神戸のフェイスブック