【CINEMA】2017年11月1週目<10/30~11/5>公開映画

2017/10/30


11/3(金・祝)公開★『ノクターナル・アニマルズ』

Ⓒ Universal Pictures

cinemaicon_03

【監督・脚本】トム・フォード

【出演】エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン
【ストーリー】

スーザン(エイミー・アダムス)は夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。ある週末、20年前に離婚した元夫のエドワード(ジェイク・ギレンホール)から、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。彼女に捧げられたその小説は暴力的で衝撃的な内容だった。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

2016/アメリカ/116分/ビターズ・エンド、パルコ

http://www.nocturnalanimals.jp/(公式サイト)


11/3(金・祝)公開★『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』

Ⓒ 2017 映画「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」製作委員会 Ⓒ 2014 田中経一/幻冬舎

cinemaicon_01 cinemaicon_02 cinemaicon_03 cinemaicon_07 cinemaicon_13
cinemaicon_14 cinemaicon_16 cinemaicon_15

【監督】滝田洋二郎

【原作】田中経一

【出演】二宮和也、西島秀俊、綾野剛、宮崎あおい、西畑大吾
【ストーリー】

1930年代、天皇の料理番が考案した幻のフルコース・メニュー。
その再現に挑むのは、愛を知らない天才料理人。

人気料理番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一のデビュー小説を、二宮和也主演、「おくりびと」の滝田洋二郎監督のメガホンで映画化。二宮扮する天才料理人が、歴史の闇に消えてしまった幻の料理の再現に挑む姿を描く。1930年代、太平洋戦争直前に満洲国に渡った天皇の料理番・山形直太朗は、112品目から構成される伝説のフルコース「大日本食菜全席」を考案するが、太平洋戦争の開戦により、その料理は発表されることなく歴史の闇に消えてしまった。それから70年後、どんな味でも再現できる絶対味覚「麒麟の舌」を持ちながら、料理への情熱を失ってしまった天才料理人・佐々木充は、歴史から消えてしまったレシピの完全再現に挑み、レシピに隠されたある秘密に直面することとなる。二宮が主人公・佐々木を演じ、山形役の西島秀俊のほか、綾野剛、宮崎あおい、西畑大吾、竹野内豊らが脇を固める。企画に秋元康が名を連ね、「永遠の0」の林民夫が脚本を担当。

2017年/日本

http://www.last-recipe.jp/(公式サイト)


11/4(土)公開★『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』

Ⓒ 2017 KingRecords

cinemaicon_06

【原案・脚本・監督】二宮健

【出演】桜井ユキ、成田 凌、山谷初男、満島真之介、高橋一生
【ストーリー】

桜井ユキ×高橋一生、2017年、映画界に最も挑発的な衝撃作が誕生!

主人公・オリア アキは、29歳の売れない女優。10年前、女優を夢見て上京し、ふと立ち寄ったバーでサーカス団を営むカイトに出会った。毎日小さなサーカス団でマジシャンの助手をするアキ。30歳を目前にしたアキには仕事への熱も生きる目標もない。ルーチンワークのように繰り返されるのは、催眠術にかかるという演技。体を浮かされ、剣を刺され、催眠状態を演じているうちに、やがてアキの精神は徐々に摩耗し、いつしか現実と妄想の境界が破たんを迎えようとしていた。何故生きるのか? 何を夢見たのか? 何を目指すのか? 唯一アキの中で美しい思い出として残るのは恋人・カイトとの時間…。自分が生きてきた人生の軌跡、アキが生きる現実と、叶えられなかった様々な妄想が入り乱れる。そして2つの世界の境界が壊れようとしたとき、アキの人生再生がはじまる…?!

2017/日本/89分/アーク・フィルムズ

http://sleepingbeauty-movie.com/(公式サイト)


11/4(土)〜10(金)公開★『パトリオット・デイ』

★一般1500円/シニア・学生・女性1000円 

(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

cinemaicon_09

【監督】ピーター・バーグ

【出演】マーク・ウォールバーグ、ケビン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズ

【ストーリー】

2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側を、マーク・ウォールバーグ主演&ピーター・バーグ監督のタッグで映画化。捜査関係者や犯人、被害者の市民など事件に関わった多くの人々の動きをたどりながら、事件発生からわずか102時間で犯人逮捕に至った顛末を、映画オリジナルのキャラクターであるウォールバーグ扮する刑事の視点から描く。
 
▶︎ http://www.patriotsday.jp/(公式サイト)

cinema_12

staff_img
臨場感と迫力が物凄くて圧倒されました!犯人逮捕まで本当にハラハラ…。なんといってもボストンの街の人々や風景がとても良く描かれていて、ラストは感動物です。たくさんの方に観てほしい作品です。ぜひお越しくださいませ。

CINEMA TOPページ

icon_facebook_branbran icon_twitter_branbran icon_ameba_branbran icon_insta_branbran

 

ブランヌ神戸のフェイスブック