【CINEMA】2017年10月2週目<10/2~8>公開映画

2017/10/02


10/7(土)公開★『愛を綴る女』

(C)(2016) Les Productions du Trésor – Studiocanal – France 3 Cinéma – Lunanime – Pauline’s Angel – My Unity Production

【監督】ニコール・ガルシア

【出演】マリオン・コティヤール、ルイ・ガレル、アレックス・ブレンデミュール

【ストーリー】

南仏の小さな村に暮らす若く美しいガブリエル。最愛の男性との結婚を熱望しながらも、地元の教師との一方的な恋に破れ、不本意ながら両親の決めたスペイン人労働者ジョゼの妻となる。「あなたを絶対愛さない」「俺も愛していない」。そう誓いあったにもかかわらず、日々、近づいては離れる官能的な夫婦の営み。そんなとき、流産の原因が結石と診断され、アルプス山麓の療養所に滞在することになる。そこで、インドシナ戦争で負傷した「帰還兵」アンドレ・ソヴァージュと運命的な出逢いを果たす。それは彼女が綴る清冽な愛の物語の始まるとなるのだった―。

2016年/フランス映画/120分/アルバトロス・フィルム/R15+

http://aiotsuzuru.com/(公式サイト)

 

cinema_12

staff_img

監督は女優としても活躍するニコール・ガルシア。主演のマリオン・コティヤールのスケジュールを5年間待ち続け撮影された本作。映像も本当に美しい作品です。カンヌが絶賛したラヴストーリー、必見です!!


10/3(火)公開★『聖の青春』

(C) 2016「聖の青春」製作委員会

cinemaicon_12

【監督】森義隆

【出演】松山ケンイチ、東出昌大、リリー・フランキー
【ストーリー】

難病と闘いながら将棋に人生を賭け、29歳の若さで亡くなった棋士・村山聖(さとし)の生涯を描いた大崎善生による同名ノンフィクション小説を、松山ケンイチ主演により映画化。幼い頃から腎臓の難病・腎ネフローゼを患い、入退院を繰り返した村山聖は、入院中に何気なく父から勧められた将棋に心を奪われる。師匠との出会い、そしてプロ棋士として羽生善治ら同世代のライバル棋士たちと死闘を繰り広げ、まさに命を削りながら将棋を指した村山聖の壮絶な一生が描かれる。(上映時間)124分

【公演日】 10月3日(火)
≪1回目≫開場/10:00 上映/10:30
≪2回目≫開場/13:30 上映/14:00
【入場料金】1,000円/文化ホール友の会:800円


10/6(金)公開★『エルネスト』

(C)2017“ERNESTO”FILM PARTNERS

cinemaicon_05 cinemaicon_07

【脚本・監督】阪本順治

【出演】オダギリ ジョー、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、永山絢斗
【ストーリー】

日本とキューバの合作映画、阪本順治監督の『エルネスト』は激動の時代を駆け抜け、祖国ボリビアでの抵抗運動に身を投じた“日系二世の若い戦士”の鮮烈な、知られざる生涯を描いた作品である。主演は、オダギリ ジョー。阪本監督とは『この世の外へ クラブ進駐軍』(04)、『人類資金』(13)に続いて3度目のコンビ作となる。ゲバラがボリビア戦線で命を落としてから没後50年のメモリアルイヤーである今年2017年、二人の“エルネスト”が甦る―!!

2017/日本=キューバ合作/124分/キノフィルムズ

http://www.ernesto.jp/


10/7(土)公開★『月と雷』

(C) 2012角田光代/中央公論新社  (C) 2017「月と雷」製作委員会

【監督】安藤尋

【原作】角田光代(中公文庫)

【出演】初音映莉子、高良健吾、藤井武美、黒田大輔、市川由衣、村上淳、木場勝己、草刈民代
【ストーリー】

心の奥深くで共鳴せずにはいられない、珠玉の人間ドラマが誕生した。

あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を重ねていく。結婚を控え、そう考えていた泰子の前に現れた、かつて半年間だけ一緒に暮した父の愛人の息子・智。20年前、愛人・直子と智が転がり込んできたことで、泰子の家族は壊れたはずだった。根無し草のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪気にかき回し始める。「邪魔しないであたしの人生」、そう普通の幸せを願っているはずなのに…。泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・直子を訪ねていくことで、平板だった自分の人生かが立ちどころに変わっていくのに気づき始める。

2016年/日本/120分/スールキートス

http://tsukitokaminari.com/


10/7(土)公開★『あゝ、荒野』

前編:10/7(土)~、後編:10/21(土)~二部連続公開! 

(C)2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

cinemaicon_05

【監督】岸善幸(『二重生活』)
【原作】寺山修司「あゝ、荒野」(角川文庫)

【出演】菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア
【ストーリー】

ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを思う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する―。2021 年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な青春物語。

寺山修司が遺した唯一の長編小説、『あゝ、荒野』。人々の”心の荒野“を見つめた傑作が、半世紀以上を経て大胆に再構築され、新たな物語として生まれ変わった。2020 年の東京オリンピック後を舞台に、都会の片隅を生きる人々の”心“を鋭く描き出す。衝撃のラスト、魂をたぎらせる、かつてない映画がここに誕生した。

 

2017/日本/前編157分、後編147分/スターサンズ

http://kouya-film.jp/


CINEMA TOPページ

icon_facebook_branbran icon_twitter_branbran icon_ameba_branbran icon_insta_branbran

 

ブランヌ神戸のフェイスブック