【CINEMA】2017年8月4週目<8/21~8/27>公開映画

2017/08/21


8/25(金)公開★『きみの声をとどけたい』

(C)2017「きみの声をとどけたい」製作委員会

cinemaicon_01

【監督】伊藤尚往

【出演】片平美那 田中有紀 岩淵桃音 飯野美紗子 神戸光歩 鈴木陽斗実 / 三森すずこ

【ストーリー】

海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは、小さい頃に祖母から聞かされた“コトダマ”の話を今でも信じていた。
願い続ければきっと叶う。悪いことばかり口にしていると、それが現実になって自分に返ってきてしまう。それがコトダマなのだ。
ある日、なぎさはずっと昔に閉店した喫茶店に入り込んでしまう。その一角にあったのはミニFMステーションの設備。出来心からDJの真似事をするなぎさ。ほんの遊び心だったが、偶然にもなぎさの“声”は放送されていた。そしてそのコトバは思いがけない人に届いていた――。

 

2017/日本/94分/東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

http://kimikoe.com/movie/(公式サイト)

 

cinema_12

staff_img

メインキャストとなる7人の女子高生たちの声を担当したのは、去年8月に開催された「キミコエ・オーディション」で選ばれた6人の新人声優と、人気声優の三森すずこ。新人声優の6人は現在ユニット“NOW ON AIR”として活躍中。


8/25(金)公開★『エル ELLE』

(C)2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP

cinemaicon_05

【監督】ポール・ヴァーホーヴェン『氷の微笑』
【出演】イザベル・ユペール、ローラン・ラフィット、アンヌ・コンシニ、シャルル・ベルリング、ヴィルジニー・エフィラ

【ストーリー】

新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせのメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲を怪しむミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察に関わりたくない彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明かされていくのは、事件の真相よりも恐ろしいミシェルの本性だった─。

 

2016年/フランス/131分/PG12

http://gaga.ne.jp/elle/(公式サイト)


8/26(土)公開★『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』

(C)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

cinemaicon_05

【監督】ロジャー・スポティスウッド

【出演】ルーク・トラッダウェイ、ジョアンヌ・フロガット、ルタ・ゲドミンタス、アンソニー・ヘッド

【ストーリー】

ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。人生に目的も目標も持てないまま、薬物依存から抜け出す事もできず、まさにドン底の生活を送っていた彼のもとにある日、足にケガをした一匹の野良猫(ボブと命名)が迷い込んでくる。ジェームズが有り金全てをはたいてボブを助けて以来、ふたりはどこへ行くにも一緒で、次第にその動向が世間の注目を集めるようになる。しかし、彼らの前に次々と試練と困難が立ちはだかり、ジェームズはボブのためにも、それらを1つ1つ乗り越え、やがて大きなチャンスが訪れることになり……。

 

2016年/イギリス/103分/コムストック・グループ

http://bobthecat.jp/(公式サイト)

 

cinema_12

staff_img

原作は世界30ヵ国以上で出版された大ベストセラー『ボブという名のストリート・キャット』。またこの一人と一匹の物語は日本のテレビ番組でも【奇跡の猫ボブ 人生ドン底男ジェームズとのキズナ】として紹介され大きな反響を呼びました!


8/26(土)公開★『幼な子われらに生まれ』

(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

【監督】三島有紀子 (『繕い裁つ人』)
【原作】重松清
【脚本】荒井晴彦

【出演】浅野忠信、田中麗奈、宮藤官九郎、寺島しのぶ

【ストーリー】

「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」―娘に言われた時、妻には新しい命が宿っていた。

バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリーマン、田中信。
妻・奈苗は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳との間にもうけた実の娘と3ヶ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放ったひと言―「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田と会う決心をするが…。数々のベストセラーを手掛けている直木賞作家・重松清が1996年に発表した傑作小説「幼な子われらに生まれ」。血のつながらない家族、血のつながった他人がつまずき、傷つきながらも幸せを紡いでいく、アンサンブルムービー。

 

2016年/日本/127分

http://osanago-movie.com/(公式サイト)

 

CINEMA TOPページ

icon_facebook_branbran icon_twitter_branbran icon_ameba_branbran icon_insta_branbran

 

ブランヌ神戸のフェイスブック