【CINEMA】2017年7月2週目<7/3~7/9>公開映画

2017/07/03


7/7(金)公開★ジョン・ウィック:チャプター2』

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

cinemaicon_07 cinemaicon_01 cinemaicon_03 cinemaicon_13
cinemaicon_15

【監督】チャド・スタエルスキ(『ジョン・ウィック』)

【出演】キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、コモン、ルビー・ローズ、他

【ストーリー】

大ヒット作『ジョン・ウィック』から2年―。

全てをパワーアップさせてヤツが帰ってきた!前作で愛犬を殺され、マフィアを壊滅させた伝説の殺し屋が、今度は想い出の詰まったホームをバズーカで破壊され、沸点を超えた怒りをイタリアン・マフィアにぶちまける!前作監督が続投し、『マトリックス』の盟友“モーフィアス”ことL・フィッシュバーンも参戦!米国では公開わずか8日間で前作の総興収超えの大ヒットを記録した超アクションがついに日本上陸!

 

http://johnwick.jp/(公式サイト)

2017年/アメリカ/122分/ポニーキャニオン


7/7(金)公開★ボンジュール、アン』

(C)American Zoetrope, 2016

【監督】エレノア・コッポラ

【出演】ダイアン・レイン、アルノー・ヴィアール、アレック・ボールドウィン

【ストーリー】

誰にでも、人生の分かれ道はやってくる。アンの場合は、気がつけば、そこに立っていた。夫は有名な映画プロデューサーだが、仕事以外は無関心。娘も学校を卒業した今、アンは「これからどうするの?」と自分に問いかけていた。そんな中、夫の仕事仲間のフランス人男性・ジャックと、カンヌからパリへと車で向かうことになる。7時間で到着するはずが、魅力的なレストラン、コート・ダジュール地方の名所や遺跡へと案内され、美味しい食事にワイン、美しい景色、ユーモアと機知に溢れた会話を味わううちに、生きることの喜びを取り戻していくアン。“忘れていた自分”と出会ったアンが見つけた、この先の人生の扉を開く鍵とは――?

 

http://bonjour-anne.jp/(公式サイト)

2016年/アメリカ/92分/東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

 

cinema_12

staff_img
人生の分かれ道に立つ女性が、思いがけない旅で“忘れていた自分”と出会うまでを描き、新たな一歩を踏み出す勇気と元気をくれる人生讃歌。劇中では遺跡や大聖堂など各地の名所が登場。お洒落な人気レストランは実在するらしいです!

7/8(土)公開★ヒトラーへの285枚の葉書』

(C)X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathé Production / Buffalo Films 2016

【監督】ヴァンサン・ペレーズ

【出演】エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン、ダニエル・ブリュール、ミカエル・パーシュブラント、モニーク・ショメット

【ストーリー】

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリン。質素に暮らす労働者階級の夫婦オットーとアンナのもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに記し、それをそっと街中に置いた。ささやかな活動を繰り返すことで魂が解放されるのを感じる二人。だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポの猛捜査が夫婦に迫りつつあった―。

 

http://hitler-hagaki-movie.com/(公式サイト)

2016年/独・仏・英/103分/アルバトロス・フィルム

 

cinema_12

staff_img
原作はドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録を基に書き上げた小説『ベルリンに一人死す』。ナチス政権下で叔父がガス室に送られ殺害された過去を持つヴァンサン・ペレーズ監督が、この小説に感銘を受け、映画化を実現させたそうです。

【7月8日~7月14日】ナイスガイズ!』

★一般1500円/シニア・学生・女性1000円

(C)2016 NICE GUYS, LLC

cinemaicon_09

【監督】シェーン・ブラック
【出演】ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリング、アンガーリー・ライス、マット・ボーマー

【ストーリー】

シングルファーザーで酒浸りの私立探偵マーチは、腕っ節の強い示談屋ヒーリーとコンビを組み、失踪した少女の捜索をすることに。そこへマーチの13歳の娘ホリーも加わることになり、3人で捜索を続ける。しかし、簡単に終わるはずだったその仕事は、やがて1本の映画にまつわる連続不審死事件、さらには国家を揺るがす巨大な陰謀へとつながっていく。3人は襲い来る殺し屋に命を狙われながら、事件解決にひた走るが……。

 

http://www.niceguys-movie.com/

 

cinema_12

staff_img

滅茶苦茶面白いです!ライアン・ゴズリングとラッセル・クロウの凸凹コンビに、有能で強い娘役のアンガーリー・ライスのコンビネーションが最高でした!ユーモアのセンスが抜群で笑わずにはいられませんョ!!さらに70年代好きに必見!おしゃれなアメ車や音楽やファッションが素敵すぎてドキドキですよ☆

同時上映の『バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート』もとってもキュートで楽しい恋愛アクション作品です!ぜひご来場くださいマセ!!


7/8(土)公開★メアリと魔女の花』

(C) 2017「メアリと魔女の花」製作委員会

cinemaicon_01 cinemaicon_02 cinemaicon_03 cinemaicon_07
cinemaicon_13 cinemaicon_14 cinemaicon_16
cinemaicon_15  

【脚本・監督】米林宏昌

【脚本】坂口理子

【原作】メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)

【声の出演】杉咲花、神木隆之介、天海祐希、小日向文世、満島ひかり、佐藤二朗、遠藤憲一、渡辺えり、大竹しのぶ

【ストーリー】

メアリは出会う。驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。

あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生する。

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で七年に一度しか咲かない不思議な花《夜間飛行》を見つける。 それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府“エンドア大学”への入学を許可されるが、メアリがついた、たったひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。メアリは、魔女の国から逃れるため「呪文の神髄」を手に入れて、すべての魔法を終わらせようとする。 しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう——。 しだいに明らかになる“魔女の花”の正体。メアリに残されたのは一本のホウキと、小さな約束。 魔法渦巻く世の中で、ひとりの無力な人間・メアリが、暗闇の先に見出した希望とは何だったのか。

 

http://www.maryflower.jp/(公式サイト)

2017年/日本/東宝


CINEMA TOPページ

icon_facebook_branbran icon_twitter_branbran icon_ameba_branbran icon_insta_branbran

 

ブランヌ神戸のフェイスブック