【CINEMA】2017年4月3週目<4/17~4/23>公開映画

2017/04/17


【4/22(土)~4/28(金)】ゾンビ革命  フアン・オブ・ザ・デッド』<レイトショー>

★一般1300円/シニア・学生1000円

(C) La Zanfona Producciones – Inti Herrera 2011 all rights reserved

cinemaicon_09

【監督】アレハンドロ・ブルゲス
【出演】アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス、ホルヘ・モリナ、アンドレア・デューロ、アンドロス・ペルゴリーア、イャス・ビラー

 

【ストーリー】

キューバ史上初のゾンビ映画で、ゾンビ退治で金儲けを始めた男が人々を救うために奮闘する姿を描いたコメディ。ある日、キューバの首都ハバナに凶暴なゾンビが出現し、噛まれた人間が次々とゾンビ化。街は瞬く間に血肉をむさぼるゾンビであふれていく。それまで何をするでもなく人生を過ごしてきた40歳のフアンは、ゾンビ退治をビジネスにしようとリーズナブルな料金でゾンビ退治を請け負う「フアン殺人代行社」を立ち上げる。しかし、感染者は増大する一方で手に負えない状態に。残された道は、ゾンビであふれたキューバ島から脱出することしかない……。

 

cinema_12

staff_img
キューバのゾンビ映画がこんなにおもしろいとは!!ブラックジョークも満載で、なんといっても個性強すぎな出演者たちも目が離せませんでした!
キューバがおりなすラテンノリなゾンビ映画。一見の価値ありですよ!!

4/22(土)公開★ぼくと魔法の言葉たち』

(C)2016 A&E Television Networks, LLC. All Rights Reserved.

※MOVIXあまがさきは6/24〜

【監督】ロジャー・ロス・ウィリアムズ

【原作】「ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと」(ビジネス社刊)

【出演】オーウェン・サスカインド、ロン・サスカインド、コーネリア・サスカインド、ウォルト・サスカインド

 

【ストーリー】
愛する息子オーウェンは2歳の時に突然、言葉を失ってしまった―。
それでも“信じる”ことを諦めなかった家族は、やがて大きな奇跡を起こす。
サンダンス映画祭で鳴り止まない大喝采を浴び、アカデミー賞®ノミネートも果たした愛と希望のハートフル・ドキュメンタリー

自閉症により2歳で言葉を失い、孤独な世界に閉じ込められた少年オーウェン。本作は、彼が家族の愛情とサポートのもと、大好きなディズニー・アニメーションを通じて徐々に言葉を取り戻していった様子と、障害を抱えながらも底抜けに明るく、前向きに社会と向き合い、自立を勝ち取るまでの姿をユーモアたっぷりに、そして感動の涙とともに描く傑作ドキュメンタリーだ。
メガホンを取ったのは、アフリカ系アメリカ人監督として始めてオスカーを受賞した経歴を持つロジャー・ロス・ウィリアムズ。劇中には映画に感動したディズニー社から異例の使用許諾を受け、ディズニー・アニメーションの名作たちが数多く登場している。

 

http://www.transformer.co.jp/m/bokutomahou/(公式サイト)

2016年/アメリカ/91分/トランスフォーマー

 

 

 

★★★★★

CINEMA TOPページ

 

icon_facebook_branbran icon_twitter_branbran icon_ameba_branbran icon_insta_branbran

 

ブランヌ神戸のフェイスブック