天然とんこつラーメン専門店一蘭へ【前編】

2016/03/16


3/10にOPEN!

あの天然とんこつラーメン専門店一蘭へ

唯一のおじさん編集部員が女子気分で突撃取材!

ichi_webtop

 

と、いうわけで三宮へついにあの一蘭が進出するという嬉しいニュースを聞き、
おじさんながら図々しくも女子目線で取材してまいりました。

otomeman※それも可愛い女子気分。

 

それならばなぜおじさんが行ったのか?という疑問が
出るかと思います。そうです。
その通りです。男のプライドを捨ててでも、
一蘭さんのラーメンを食べたかったんですよ。
だって誰に聞いても美味しいって言うんだもの!

 

そもそも博多ラーメンは大好き!という人は多いと思いますが
実際、関西でも一蘭人気はすさまじく道頓堀に出店したお店では
時には長蛇の列が出来るほど。
海外にも人気が広がり、外国人観光客数も2014年には
40万人が来店し、噂が噂を呼び2015年度には80万人に急増。

そして、もちろん日本人(特に女性客)にも好評なのです!
そんな一蘭さんへ取材する理由…。

 

そう、只の欲望です。
言い換えるなら食へのデザイアです。

編集部のみならずグループ会社通して随一の体重を誇る私こそが!
私が食べないで誰が食べるというのか!
もう何でも良いから食べに行きたい。
ラーメン食べたい!
それも仕事中に!
私の口はもう豚骨味を欲している!

私のそんな胸の奥にあるざわつきを感じた他の編集部員から
お咎めがありましたが、私は一切聞かなかった事にし
一蘭さんへと取材に向かいました。

一蘭さんへ行ったことがある社員からの「ずるいー」
という最後の叫びが私の背中を尚更、後押しします。

 

…ただ社長、うちの社長に言いたい事があります。
この文章は編集としての責務から強制的に書かされていますので
一部語弊があります。これは決して私情では済まされないのです。
神戸の新名所となるかもしれない場所への
飽くなき探求心が私の原動力です。
誤解はしないでください。
さ、旨いもん喰うぞ。

 

当日、他にもメディア関係者が数居る中で
唯一の男性(それもおっさん)という肩身の狭い中で
「いいやラーメンの味が分かるのはラーメンを食ってきた
おっさんだろう!奮い立て我がおじさん力よ!」
と女子目線と言う設定を早くも捨ててお店に入ったのですが、
私は後に「旨い物は旨い。女子だろうとおじさんだろうと普遍的にうんまい。」
という事実に気づきます。

 

味に関しては妻にたまに家事をさせられる事で、
スープストック用に鶏ガラや豚骨スープを煮出すように
なった私による食レポが後半にあるので後程。
ichi_gaikan
さてそれはともかく新装開店する準備が整ったばかりの
ピカピカの店内に足を踏み入れると

本部からわざわざ来てくださっていた広報の方々にお出迎え頂きました。

ichi_staf
※広報の三浦さんと店長さんに無理やりポーズを取らせるも快くやってくれました。

本当に丁寧にご対応下さり、「真面目な企業様なんだろうなあ」
という事が伝わってきました。

その真面目さを体現するかのような気配りが
「女性客が1人でも入りやすいように」という
一蘭さんらしいお店づくりに繋がっていきます。

まずはスタッフさん
何しろ本格的なラーメン屋さんというと、思い浮かべるのは
腕組みしてる強面の店員さんの写真。
しかし、最初に迎えられるのは食券機でした。

ichi_shoken
※なんか赤くてかっこいい。

 

怖くない、威圧感もない。
さっと買えば席に着けるシンプルさ。

しかも空いてる席もすぐに確認出来ちゃいます。
ichi_kuuseki
しかも一席ごとに仕切りがあるので、おじさんに囲まれても
プライベート空間を保てます!これは実は
男同士でも嬉しい。
映画館しかり、隣の席との距離感はなかなか難しいのです。

女子の場合でも何もラーメン食べたい口になってる時だけじゃなく
「お腹がへったけど一人ではちょっとな」
という時や「時間が無いけど、周りを気にせず美味しいもの食べたい」
と言う時に重宝する造りですよ。
ichi_shuchu
この席は「味集中カウンター」と呼ばれているそうです。
もちろん連れ合いが居る場合は、仕切り壁を折り畳むことも可能。

 

ichi_water

ん、今気づいたああああ!

(店内廻ってかなり時間経過してます)
しかも回転寿司みたいに自分でお水入れられるじゃん!

思わず東京のシティボーイみたいな口調になりましたけど
すごい!水もイチイチ店員さんを呼ばなくても
入れる事が出来るので、一度も「すいませーん」などと
声を上げなくても良いのが嬉しい。
いや本当に嬉しいです!
あれねえ、私はよくスルーされるんですよ…
声が低いから…。
「すいませーん!……あれ?聞こえてないかな。
す、すいませーん!………
すいまっせん!(半泣き)」
とか嫌ですもんね。

でようやく、後半の食レポです。

 

 

――特集のTOPに戻る――

 


天然とんこつラーメン専門店
一蘭 三宮店
神戸市中央区北長狭通1-9-9第1岸ビル1F・B1
●10時~23時

http://www.ichiran.co.jp/tenpo/kin_sannomiya.html

 

 

ブランヌ神戸のフェイスブック