編集部員サイトウ オススメ!スポーツ本【前編】

2015/10/28


さりげなく、目次下でオススメしていました編集部員サイトウの

「スポーツの秋っぽく 読書の秋」

ですが、ちょっと簡単な感想とともに、本のご紹介をさせていただこうと思います。

 

03

 

  ↑

ちなみに、目次下はこんな感じ。

 

 

そして、もう腰痛も完治・・・。

これらの本を読んで、スポーツの秋っぽく過ごしておりますが、そろそろ運動も始めようと思っています。笑

 

それでは、今回は前編としてご紹介します~。


 

いつも面白いコミックエッセイを描いているイラストレーター・たかぎなおこさんが、全く運動できない状態から始めたマラソン挑戦シリーズの集大成。

たかぎさんの描く「マラソン一年生」からのファンだった私は、「ガチでがんばる」というよりも、「走った後のビールが楽しみ~」とか、「旅行ついでにご当地マラソン大会に参加」というゆるさが大好きなのです。

今回は、そんなマラソン大会でも、なんと海外マラソン大会に参加するという企画!
全然走れなくっても、こんなに楽しそうなら是非走ってみたい~と思うことができる一冊です。

 


 

言わずと知れた映画にもなっている作品です。
実は、映画もまだ観ていないのですが、友人からの「面白いよ!」との声があまりにも多かったので、まずは本から読んでみました。

実際には、全くあり得ない話かもしれませんが、とにかく走っています。
福島県から東京までですよ!しかも山道!
荷物の軽量化はしているものの、私だったら耐えられません~。(今回の読書はあくまでも「スポーツの秋」っぽい「読書の秋」ですので、自分が走っているかのように読んでいます)

もちろん「参勤交代」というからには、時代小説になります。でも、すごく読みやすい文章ですので、今まで時代小説は敬遠して読んだことのない方にもオススメ。
「日本史は苦手だったし・・・」
と思っている女子も一度読んでみましょう。

 


 

3人の人気作家さんのマラソンにまつわる短編集です。

ニューヨーク、東京、パリという3都市のものがたりで、しかも、それぞれの作家さんらしい内容。

三浦しをんさん、近藤史恵さん、あさのあつこさん。
それぞれの作家さんの作品が好きなので、1冊で皆さんの作品を堪能できたのは嬉しかったです♪

それぞれの作家さんの作品が好きすぎる方には、「短編では物足りない!」という意見もあるようですが、読み応えのある長編とは違い、さらっと読める短編集は気軽に読めていいとも思うのですが・・・。

私の一番のお気に入りは、近藤史恵さんのパリのお話。
パリの街並みが美しく、「あ~!パリで走りたい!」とミーハーになれます。笑

マラソン小説入門編にはもってこいでは?

 

 


…いかがでしたか?

 

すご~く簡単なご紹介でしたが、走っている気になれるオススメの本です。

 

「ちょっと走るのはしんどいけど、それっぽい雰囲気に浸りたい」方!

「すでに走っているけど、モチベーションが下がってきた~」という方!

もちろんすでにガンガン走っている方にもオススメですよ。

 

それでは、次回残りの2冊をご紹介します!

お楽しみに~。

 

 

ブランヌ神戸のフェイスブック